海外旅行は世界遺産のトカイワイン産地の歴史的文化的景観へ行こう!など、各国の世界遺産を紹介しています。海外旅行が初めての方も、海外旅行の達人も海外に行くなら世界遺産を旅してみませんか?海外旅行で世界遺産を訪れる際の参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

海外旅行は世界遺産のトカイワイン産地の歴史的文化的景観へ行こう!

トカイワイン産地の歴史的文化的景観
Tokaj Wine Region Historic Cultural Landscape


海外旅行は世界遺産トカイワイン産地の歴史的文化的景観に行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産のトカイワイン産地の歴史的文化的景観をご紹介します。

登録区分 文化遺産
登録基準 3,5
登録年  2002年

HUNGARY - Tokaj Wine Region Historic Cultural Landscape 4

世界遺産のトカイワイン産地の歴史的文化的景観は、ハンガリー共和国北東部、スロバキアとウクライナ国境に近いティサ川とボドログ川流域のトカイ地方にあるワイン生産地域と貯蔵設備群です。

世界遺産のトカイワイン産地の歴史的文化的景観は、28の有名な村と7000ヘクタールのブドウ畑から成ります。
現在も栽培が行われているブドウ畑は、およそ5000ヘクタールです。

トカイ地方でワインの生産が始まったのは、定かではないようですが、歴史的な資料から12世紀にはここにブドウ畑が作られていたことが分かっているので、恐らくそれ以前からワインの生産が始まっていたと推測されています。

トカイ地方がワインの生産地として発展したのは、16世紀以降です。

トカイワインの名を世に知らしたのは17世紀にはなってからで、ヴェルサイユ宮殿でトカイワインが出され、ルイ14世をして、「王者のワインにしてワインの王者」と言わしめたほどです。

芳醇な香りと甘味が特徴のこのトカイワインは、実は偶然の産物だったようです。

そもそもトカイ地方は、気候や地形からブドウの栽培に適しいる上に、秋から冬にかけ畑を包み込む濃い霧が発生し、湿気により葡萄の房にカビが発生します。
17世紀にオスマン・トルコの侵略するとブドウの栽培が遅れ、そこへこの地方独特の気象条件が加わって偶然生まれたのがトカイワインだとされています。

世界遺産のカイワイン産地の歴史的文化的景観は、1000年以上にもわたるワインを生産の伝統的な土地利用、葡萄畑、農村の歴史、さらに300年前からワイン生産管理を厳しく行ってきた良質のワインを生産する自然と文化が評価されました。

【世界遺産世界遺産のトカイワイン産地の歴史的文化的景観の見どころ】

世界遺産世界遺産のトカイワイン産地の歴史的文化的景観では、トカイ ラーコーツィー・ワインセラー、セラー試飲会場、トカイ博物館があります。
スポンサーサイト
TOPハンガリー海外旅行は世界遺産のトカイワイン産地の歴史的文化的景観へ行こう!

スポンサードリンク

Copyright © 海外旅行は世界遺産へ行こう! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。