海外旅行は世界遺産のローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フォーリ・レ・ムーラ大聖堂へ行こう!など、各国の世界遺産を紹介しています。海外旅行が初めての方も、海外旅行の達人も海外に行くなら世界遺産を旅してみませんか?海外旅行で世界遺産を訪れる際の参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

海外旅行は世界遺産のローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フォーリ・レ・ムーラ大聖堂へ行こう!

ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フォーリ・レ・ムーラ大聖堂
Historic Centre of Rome, the Properties of the Holy See in that City Enjoying Extraterritorial Rights and San Paolo Fuori le Mura


海外旅行は世界遺産ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フォーリ・レ・ムーラ大聖堂に行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産のローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フォーリ・レ・ムーラ大聖堂をご紹介します。

登録区分 文化遺産
登録基準 1,2,3,4,6
登録年  1980年
拡張年  1990年


フォロ・ロマーノ

世界遺産のローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フォーリ・レ・ムーラ大聖堂は、イタリア共和国ローマおよびバチカン市国に残されているローマ帝国時代の遺跡郡です。

ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フォーリ・レ・ムーラ大聖堂は、1980年にヴェネツィア広場を中心としたエリアが世界遺産登録され、1990年には、アウグストゥスの霊廟、ハドリアヌス帝の霊廟などが拡張登録されています。

ローマ帝国時代の首都であったローマ歴史地区は、伝説では紀元前753年、テベレ川東岸に広がる「七つの丘」の一つ、パラティーノの丘に双子の兄弟であるロムルスとレムスによって築かれたと伝えられています。
しかし、実際には、紀元前7世紀ごろにサビニ人、ラテン人がローマを築いたとされています。

ローマ歴史地区は、ローマ市のアウレリアヌスの城壁内にほぼ位置し、ローマ帝国の最盛期の1~2世紀に政治・経済・宗教の中枢をなしたフォロ・ロマーノを中心に、多くの遺跡が残されています。

なお、教皇領とは、ローマ教皇の支配していた領土を指します。

【世界遺産世界遺産のローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フォーリ・レ・ムーラ大聖堂の見どころ】

フォロ・ロマーノ・・・フォロとは、広場のことで、パラティーノの丘とカンピドリオの丘の中間に位置します。ローマ帝国の政治、商業と市民の生活の中心だった場所です。

コロッセオ・・・80年にティトゥス帝が建築したもので、当時はフラウイウスの闘技場と呼ばれていたそうです。高さ48.5メートル、外周527メートル、5万人を収容することができたと言われています。

サン・ジョヴァンニ・イン・ラテラノ大聖堂・・・コンスタンティヌス帝が312年に建築した、世界で初めての本格的なキリスト教聖堂です。ラテラノ条約によってバチカンの特別な権利が認められています。

サン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂・・・4世紀、コンスタンティヌス帝により建築された、聖パウロの墓がある聖堂です。フオーリ・レ・ムーラとは、「城壁の外」という意味で、その名の通り城壁から南へ2kmはなれた場所にあります。

サンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂・・・7つの丘の1つエスクィリーノの丘の上に建つ聖堂。教皇リベリウスの夢の中で「夏に雪の降った地に教会を立てよ」と聖母が告げ、実際に真夏に雪が降った場所に聖堂を建てたという伝説から、雪の聖母聖堂とも言われています。

カラカラ浴場・・・217年にカラカラ帝によって造られた公衆浴場で、1600人収容可能だったと推定されています。浴場以外にも図書館などもあり、娯楽施設の役割を果たしていたとされています。

コンスタンティヌスの凱旋門・・・315年に建てられ、見事なレリーフが施されています。
スポンサーサイト
TOPイタリア海外旅行は世界遺産のローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フォーリ・レ・ムーラ大聖堂へ行こう!

スポンサードリンク

Copyright © 海外旅行は世界遺産へ行こう! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。