海外旅行は世界遺産のフィレンツェ歴史地区へ行こう!など、各国の世界遺産を紹介しています。海外旅行が初めての方も、海外旅行の達人も海外に行くなら世界遺産を旅してみませんか?海外旅行で世界遺産を訪れる際の参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

海外旅行は世界遺産のフィレンツェ歴史地区へ行こう!

フィレンツェ歴史地区
Historic Centre of Florence


海外旅行は世界遺産フィレンツェ歴史地区に行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産のフィレンツェ歴史地区をご紹介します。

登録区分 文化遺産
登録基準 1,2,3,4,6
登録年  1982年

Florence, Italy

世界遺産のフィレンツェ歴史地区は、イタリア共和国中部に位置し、紀元前にエトルリア人が創設した町です。

フィレンツェは、町全体が「屋根のない美術館」と称されるほど、建築物や彫刻などの芸術作品は貴重なものが残されています。

エトルリア人によって創設されたフィレンツェは、ローマ帝国皇帝支配を経て、12世紀には事実上の自治都市となり、町は発展していきます。

ルネサンスの象徴ともいえるフィレンツェの町は、メディチ家によって繁栄したといっても過言ではありません。

メディチ家は、ルネサンス期のフィレンツェにおいて銀行家、政治家として台頭、フィレンツェの実質的な支配者として君臨し、後にトスカーナ大公国の君主となった一族です。
そして、その財力でボッティチェリ、レオナルド・ダ・ヴィンチ、ミケランジェロ、ヴァザーリ、ブロンツィーノ、アッローリなどの多数の芸術家をパトロンとして支援し、ルネサンスの文化を育てる上で大きな役割を果たしたことでも知られています。

世界遺産のフィレンツェ歴史地区には、13~16世紀の繁栄期に残された歴史的建造物が今でも大切に保存されています。

人類の歴史上、重要な時代を例証するものとして、フィレンツェ歴史地区全体が世界遺産に登録されました。

【世界遺産世界遺産のフィレンツェ歴史地区の見どころ】

サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂・・・「花の聖母マリア」の意味を持つ大聖堂で、フィレンツェのシンボル的存在です。石積み建築のドームとしては現在でも世界最大です。

ヴェッキオ宮殿・・・14世紀の始めにフィレンツェの政庁舎として建築され、一時メディチ家の住居とされていました。

ウフィツィ美術館・・・近代式の美術館としてヨーロッパ最古といわれ、ウフィツィ(Office)の名は、かつフィレンツェ共和国政府の政庁舎だったことから付けられました。メディチ家歴代の美術コレクションを収蔵する美術館であり、ボッティチェッリの「ビーナスの誕生」や「春」が収められています。

ピッティ宮殿・・・16世紀半ばにメディチ家が購入し、歴代トスカーナ大公の居館となった宮殿です。ウフィツィ美術館とヴァザーリの回廊で結ばれています。

サンタ・マリア・ノヴェッラ教会・・・ドミニコ会の修道僧が設計し、14世紀後半に完成したゴシック様式の聖堂です。内部には現在まで続く世界最古の薬局「サンタ・マリア・ノヴェッラ薬局」があります。
また、レオナルド・ダ・ビンチが3年間暮らし、モナリザの製作を行った場所としても有名です。

サンタ・クローチェ聖堂・・・14世紀後半に完成したゴシック様式の聖堂で、世界最大のフランシスコ会の教会です。堂内には、ミケランジェロやガリレオ、作曲家のロッシーニなどの著名なイタリア人の墓が多数あることでも知られています。
スポンサーサイト
TOPイタリア海外旅行は世界遺産のフィレンツェ歴史地区へ行こう!

スポンサードリンク

Copyright © 海外旅行は世界遺産へ行こう! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。