海外旅行は世界遺産のサン・ジミニャーノ歴史地区へ行こう!など、各国の世界遺産を紹介しています。海外旅行が初めての方も、海外旅行の達人も海外に行くなら世界遺産を旅してみませんか?海外旅行で世界遺産を訪れる際の参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

海外旅行は世界遺産のサン・ジミニャーノ歴史地区へ行こう!

サン・ジミニャーノ歴史地区
Historic Centre of San Gimignano


海外旅行は世界遺産サン・ジミニャーノ歴史地区に行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産のサン・ジミニャーノ歴史地区をご紹介します。

登録区分 文化遺産
登録基準 1,3,4
登録年  1990年

Historic Centre of San Gimignano

世界遺産のサン・ジミニャーノ歴史地区は、イタリア共和国、フィレンツェの西南、トスカーナ州のシエナ県に位置する中世の街並を残す地区です。

世界遺産のサン・ジミニャーノ歴史地区は、「美しき塔の町」として知られの街の名前は398年になくなったモデナの司教、聖ジミニャーノからとられたそうです。

町の発展にはフランチジェーナ街道の建設が大いに貢献しました。

世界遺産のサン・ジミニャーノ歴史地区は、13世紀に入り、町が発展すると、貴族の権力の象徴としての塔建設が次々と行われました。
そして、50mを超える物を含む72もの塔が街内に建設されました。

世界遺産のサン・ジミニャーノ歴史地区には、には以前から防衛のための塔が建てられていましたが、当時の貴族たちはより高く美しい塔を建てることを競い合っていました。

しかし、その後ペストが流行と権力争いにより、町は衰退していきます。
1353年にはサン・ジミニャーノは、フィレンツェ共和国支配下に入ることとなりました。

世界遺産のサン・ジミニャーノ歴史地区には、13世紀から14世紀の街並みが戦争などに巻き込まれることなく良い状態で残されています。


【世界遺産世界遺産のサン・ジミニャーノ歴史地区の見どころ】

・サン・ジョバンニ門 ・・・1262年に建造された石組の中世城塞の門です。

・コレジアータ教会・・・1148年、ローマ教皇エウゲニウス3世が建立された教会で、内部にはシエナ学派による多数の美術品があります。

・サンタゴスティーノ教会・・・13世紀建築の教会

・ポポロ宮殿・・・1288年建築、1323年に増築された市庁舎です。現在残っている中で最も高い塔 (54m) を持つ建物でもあります。中は美術館となっています。

スポンサーサイト
TOPイタリア海外旅行は世界遺産のサン・ジミニャーノ歴史地区へ行こう!

スポンサードリンク

Copyright © 海外旅行は世界遺産へ行こう! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。