海外旅行は世界遺産のマテーラの洞窟住居と岩窟教会公園へ行こう!など、各国の世界遺産を紹介しています。海外旅行が初めての方も、海外旅行の達人も海外に行くなら世界遺産を旅してみませんか?海外旅行で世界遺産を訪れる際の参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

海外旅行は世界遺産のマテーラの洞窟住居と岩窟教会公園へ行こう!

マテーラの洞窟住居と岩窟教会公園
The Sassi and the Park of the Rupestrian Churches of Matera


海外旅行は世界遺産マテーラの洞窟住居と岩窟教会公園に行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産のマテーラの洞窟住居と岩窟教会公園をご紹介します。

登録区分 文化遺産
登録基準 3,4,5
登録年  1993年

UNESCO - The Sassi and the Park of the Rupestrian Churches of Matera

世界遺産のマテーラの洞窟住居と岩窟教会公園は、イタリア共和国、ナポリの東方に位置するバジリカータ州の県都であるマテーラにあるサッシと呼ばれる洞窟住居群と大聖堂です。

世界遺産のマテーラの洞窟住居と岩窟教会公園のサッシがいつ頃から作られたかはっきりしていませんが、この近辺から旧石器時代の出土品も発見されていることからかなり昔から人が住んでいたと推測されています。

マテーラでは、8世紀から13世紀にかけて、東方からイスラム勢力を逃れた修道僧が住み着き、130以上の洞窟住居を構えていたといわれています。

15世紀から16世紀には、オスマン帝国に追われたアルバニア人やセルビア人などが移住してきます。

マテーラは1663年にバジリカータの州都となり繁栄期を迎えますが、1806年にポテンツァに州都が移されると次第に衰退していきました。

20世紀には世界遺産マテーラの洞窟住居と岩窟教会公園は廃墟と化しますが、政府の努力により、現在ではサッシを利用したホテルも開業するなど、洞窟住居にも人が戻りつつあるそうです。

先史時代の洞窟住居跡は世界各地にありますが、世界遺産マテーラの洞窟住居と岩窟教会公園がそれらと異なるのは、今日も住居として利用されていることです。

【世界遺産世界遺産のマテーラの洞窟住居と岩窟教会公園の見どころ】

世界遺産世界遺産のマテーラの洞窟住居と岩窟教会公園のサッシの中心には、13世紀に建築された石造のドゥオモ(大聖堂)があります。
スポンサーサイト
TOPイタリア海外旅行は世界遺産のマテーラの洞窟住居と岩窟教会公園へ行こう!

スポンサードリンク

Copyright © 海外旅行は世界遺産へ行こう! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。