海外旅行は世界遺産のフェッラーラ:ルネサンス期の市街とポー川デルタ地帯へ行こう!など、各国の世界遺産を紹介しています。海外旅行が初めての方も、海外旅行の達人も海外に行くなら世界遺産を旅してみませんか?海外旅行で世界遺産を訪れる際の参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

海外旅行は世界遺産のフェッラーラ:ルネサンス期の市街とポー川デルタ地帯へ行こう!

フェッラーラ:ルネサンス期の市街とポー川デルタ地帯
Ferrara, City of the Renaissance, and its Po Delta


海外旅行は世界遺産フェッラーラ:ルネサンス期の市街とポー川デルタ地帯に行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産のフェッラーラ:ルネサンス期の市街とポー川デルタ地帯をご紹介します。

登録区分 文化遺産
登録基準 2,3,4,5,6
登録年  1995年
拡張年  1999年

Castello degli Estense

世界遺産のフェッラーラ:ルネサンス期の市街とポー川デルタ地帯は、イタリア共和国北部エミリア・ロマーニャ州フェッラーラ県の県都です。

世界遺産のフェッラーラ:ルネサンス期の市街とポー川デルタ地帯は、ポー川の支流ヴォラーノ川流域に位置し、14世紀、エステ家によって整備されました。

世界遺産のフェッラーラの起源は定かではなく、はじめてその名が登場するのは7世紀にラヴェンナ総督府の一部となってからでです。

8世紀には、世界遺産のフェッラーラ:ルネサンス期の市街とポー川デルタ地帯はカール大帝に征服され、教皇国家の一部となっています。

世界遺産のフェッラーラは、ルネサンス期に文化の中心地の一つとして栄え、15~16世紀のは画家のティツィアーノなど多くの芸術家を輩出しています。

【世界遺産世界遺産のフェッラーラ:ルネサンス期の市街とポー川デルタ地帯の見どころ】

世界遺産世界遺産のフェッラーラ:ルネサンス期の市街とポー川デルタ地帯には、現在も15~16世紀に造られた市壁に囲まれています。

エステ城・・・市中心部にあり、4つの塔を持つ城です。

スキファノイア宮殿・・・アルベルト・デステが建てた14世紀の宮殿で、現在は美術館となっています。

サン・ジョルジョ大聖堂(フェラーラ大聖堂)・・・12世紀に建てられたロマネスク様式の聖堂です。

ムニチパーレ宮殿・・・13世紀にエステ家によって建てられた宮殿です。

コルプス・ドミニ修道院・・・エステ家の菩提寺です。

ディアマンティ宮殿・・・8,500個の白大理石をダイアモンドに見立てたことから、この名が付きました。現在はフェラーラ国立美術館が入っており、フェラーラ派の絵画を多く所蔵しています。
スポンサーサイト
TOP未分類海外旅行は世界遺産のフェッラーラ:ルネサンス期の市街とポー川デルタ地帯へ行こう!

スポンサードリンク

Copyright © 海外旅行は世界遺産へ行こう! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。