海外旅行は世界遺産のピエンツァ市街の歴史地区へ行こう!など、各国の世界遺産を紹介しています。海外旅行が初めての方も、海外旅行の達人も海外に行くなら世界遺産を旅してみませんか?海外旅行で世界遺産を訪れる際の参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

海外旅行は世界遺産のピエンツァ市街の歴史地区へ行こう!

ピエンツァ市街の歴史地区
Historic Centre of the City of Pienza


海外旅行は世界遺産ピエンツァ市街の歴史地区に行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産のピエンツァ市街の歴史地区をご紹介します。

登録区分 文化遺産
登録基準 1,2,4
登録年  1996年

Pienza

世界遺産のピエンツァ市街の歴史地区は、イタリア共和国トスカーナ州シエナの南東、オルチャ川支流右岸の小高い丘の上に位置する街並みです。

世界遺産のピエンツァ市街の歴史地区は、元は小さな町に過ぎなかったのですが、1458年にこの街出身のピウス2世が教皇となると、ピウス2世はこの地を自らにちなんでピッコロミミと名づけ、理想のルネッサンス期の街づくりに挑みました。

世界遺産のピエンツァ市街の歴史地区の街づくりを担当したのは、当時ルネッサンスを代表する建築家で教皇庁の建築顧問として活躍したベルナルド・ロッセッリーノ(Bernardo Rossellino)です。

世界遺産のピエンツァ市街の歴史地区の建設は、1459年から始まり、大聖堂を始めとする豪奢を凝らした数々の建造物を残しています。

【世界遺産世界遺産のピエンツァ市街の歴史地区の見どころ】

世界遺産世界遺産のピエンツァ市街の歴史地区は、ルネサンス建築様式が初めて都市計画に生かされた町造りの手本とされ、「トスカーナの小さな宝石」と呼ばれています。

大聖堂やボルジア館、ピッコローミニ宮殿などルネサンス期の街並みがそのまま残されています。

毎年8月には、世界遺産世界遺産のピエンツァ市街の歴史地区では「チーズ祭り」が開催されてます。

世界遺産世界遺産のピエンツァ市街の歴史地区を訪れるなら、このお祭りの時期を狙って訪れるものいいかもしれません。

スポンサーサイト
TOPイタリア海外旅行は世界遺産のピエンツァ市街の歴史地区へ行こう!

スポンサードリンク

Copyright © 海外旅行は世界遺産へ行こう! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。