海外旅行は世界遺産のランス・オ・メドー国定史跡へ行こう!など、各国の世界遺産を紹介しています。海外旅行が初めての方も、海外旅行の達人も海外に行くなら世界遺産を旅してみませんか?海外旅行で世界遺産を訪れる際の参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

海外旅行は世界遺産のランス・オ・メドー国定史跡へ行こう!

ランス・オ・メドー国定史跡
L'Anse aux Meadows National Historic Site


海外旅行は世界遺産ランス・オ・メドー国定史跡に行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産のランス・オ・メドー国定史跡をご紹介します。

登録区分 文化遺産
登録基準 6
登録年  1978年

L'Anse aux Meadows National Historic Site of Canada

世界遺産のランス・オ・メドー国定史跡は、カナダ東部、ニューファンドランド・ラブラドール州のニューファンドランド島最北端にある考古遺跡です。

世界遺産のランス・オ・メドー国定史跡は、グリーンランド以外の北アメリカで、唯一ヴァイキングの入植地として確認されている遺跡です。

世界遺産のランス・オ・メドー国定史跡は、1960年にノルウェー人の探検家ヘルゲ・イングスタッドとその妻で考古学者のアン・スタイン・イングスタッドによって発見されました。

その後、長年の調査で北アメリカで最初にヨーロッパ人が作った構築物や道具などが出土され、鍛冶と溶鉱炉、船作りを支えた製材所なども見つかっています。
また、少なくとも8つの建物が建っていたと推定されていて、なかでも最大の建造物は、約45平方mの床面積をもち縦28.8m、横15.6mの床面積があり、複数の部屋からなっていたと考えられています。

スポンサーサイト
TOPカナダ海外旅行は世界遺産のランス・オ・メドー国定史跡へ行こう!

スポンサードリンク

Copyright © 海外旅行は世界遺産へ行こう! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。