海外旅行は世界遺産のサヴォイア王家の王宮群へ行こう!など、各国の世界遺産を紹介しています。海外旅行が初めての方も、海外旅行の達人も海外に行くなら世界遺産を旅してみませんか?海外旅行で世界遺産を訪れる際の参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

海外旅行は世界遺産のサヴォイア王家の王宮群へ行こう!

サヴォイア王家の王宮群
Residences of the Royal House of Savoy


海外旅行世界遺産サヴォイア王家の王宮群に行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産のサヴォイア王家の王宮群をご紹介します。

登録区分 文化遺産
登録基準 1,2,3,5
登録年  1997年

Série sobre Turim – Series about Turin – Torino – 16-01-2009 - IMG_20090116_9999_244

世界遺産のサヴォイア王家の王宮群は、イタリア共和国北西部のピエモンテ州トリノに位置するサヴォイア家が残した建物群です。

そもそもサヴォイア家は、フランス南東部のサヴォワ地方を支配していましたが、1562年にはサヴォイア公国の首都をトリノに定め、18世紀初頭にスペイン継承戦争によりサルデーニャ王国に改称し、1861年にイタリアが統一されるとイタリア王家になりました。

界遺産のサヴォイア王家の王宮群には、支配者の威光を誇示するため周辺にさまざまな建築物を残されていますが、その多くは当時の最新技術を駆使したもので、現在でもその威容を誇っています。

世界遺産世界遺産のサヴォイア王家の王宮群の見どころ】

世界遺産世界遺産のサヴォイア王家の王宮群の主な建物は以下のとおりです。

王宮及びその庭園・・・町の北に位置するカステッロ広場に面しており、16世紀から17世紀に建てられました。

マダマ宮殿・・・諸侯の后の宮殿とされた建物です。2006年のトリノオリンピックではこの建物が国際オリンピック委員会のラウンジとして使用されました。

カリニャーノ宮殿・・・1831年までサヴォイア家の宮殿として使用され、その後1848年にサルデーニャ王国議会の議事堂となりました。現在は国立イタリア統一博物館となっています。

ヴァレンティーノ城・・・1564年にエマヌエーレ・フィリベルトが余暇を過ごす建物として購入したもので、現在はトリノ工学院の建築学部に使用されています。

リヴォリ城・・・15世紀以降、居住用の宮殿に改築された城で、現在は現代美術館が併設されています。

モンカリエーリ城

カッチャ宮殿及びストゥピニージ宮殿・・・屋根の頂上にフランチェスコ・ラダッテの鹿のモニュメントが設置されています。現在、内部には現在、美術品及び歴史的家具博物館が併設されています。
スポンサーサイト
TOPイタリア海外旅行は世界遺産のサヴォイア王家の王宮群へ行こう!

スポンサードリンク

Copyright © 海外旅行は世界遺産へ行こう! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。