海外旅行は世界遺産のパドヴァの植物園(オルト・ボタニコ)へ行こう!など、各国の世界遺産を紹介しています。海外旅行が初めての方も、海外旅行の達人も海外に行くなら世界遺産を旅してみませんか?海外旅行で世界遺産を訪れる際の参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

海外旅行は世界遺産のパドヴァの植物園(オルト・ボタニコ)へ行こう!

パドヴァの植物園(オルト・ボタニコ)
Botanical Garden (Orto Botanico), Padua


海外旅行は世界遺産パドヴァの植物園(オルト・ボタニコ)に行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産のパドヴァの植物園(オルト・ボタニコ)をご紹介します。

登録区分 文化遺産
登録基準 2,3
登録年  1997年

DSC_6586_DxO.jpg


世界遺産のパドヴァの植物園(オルト・ボタニコ)は、イタリア共和国、ベネチアの西約30km、ヴェネト州にあるパドヴァ大学付属の植物園です。

世界遺産のパドヴァの植物園(オルト・ボタニコ)は、大学付属の植物園としては世界最古のもので、自然科学研究のためにパドヴァ大学の植物学者フェデリコ・ボナフェーデによって建設されました。

1222年に創立したパドヴァ大学は、イタリアではボローニャ大学に次いで2番目に古い大学で、特に医学、自然科学の分野での誉れ高い大学です。

パドヴァ大学は、ガリレオやダンテ、ペトラルカが教鞭を取り、コペルニクスが学んだことでも知られています。

世界遺産のパドヴァの植物園(オルト・ボタニコ)の設計は、建築家のアンドレア・モロニが担当し、1545年5月29日にヴェネツィア共和国議会により設立が許可され、ジュスティーナ修道院の一部を植物園することで同年7月7日に開園しました。

【世界遺産世界遺産のパドヴァの植物園(オルト・ボタニコ)の見どころ】

世界遺産世界遺産のパドヴァの植物園(オルト・ボタニコ)では、水路に囲まれた地球をイメージした円形の区画は造設当時そのままで残されています。

世界遺産世界遺産のパドヴァの植物園(オルト・ボタニコ)最古の植物は、1585年に植えられたヤシの木です。

この他にも世界遺産世界遺産のパドヴァの植物園(オルト・ボタニコ)には、多様な植物を見ることが出来ます。
スポンサーサイト
TOPイタリア海外旅行は世界遺産のパドヴァの植物園(オルト・ボタニコ)へ行こう!

スポンサードリンク

Copyright © 海外旅行は世界遺産へ行こう! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。