海外旅行は世界遺産のモデナの大聖堂、トッレ・チヴィカ及びグランデ広場へ行こう!など、各国の世界遺産を紹介しています。海外旅行が初めての方も、海外旅行の達人も海外に行くなら世界遺産を旅してみませんか?海外旅行で世界遺産を訪れる際の参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

海外旅行は世界遺産のモデナの大聖堂、トッレ・チヴィカ及びグランデ広場へ行こう!

モデナの大聖堂、トッレ・チヴィカ及びグランデ広場
Cathedral, Torre Civica and Piazza Grande, Modena


海外旅行は世界遺産モデナの大聖堂、トッレ・チヴィカ及びグランデ広場に行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産のモデナの大聖堂、トッレ・チヴィカ及びグランデ広場をご紹介します。

登録区分 文化遺産
登録基準 2,4,5
登録年  1997年

Modena

世界遺産のモデナの大聖堂、トッレ・チヴィカ及びグランデ広場は、イタリア共和国、北部、エミリア・ロマーニャ州モデナ県の県都にある大聖堂と隣接する塔と広場です。

世界遺産のモデナの大聖堂は、1099年に4世紀のモデナの司教サン・ジミニャーノを称え、主任建築家ランフランコの指揮下で建てられました。

モデナの大聖堂はランフランコの後、彼の後継者たちによって装飾されました。

そして、世界遺産のモデナの大聖堂は、ロマネスク様式とゴシック様式の融合した傑作であるとされています。

また、隣接するトッレ・チヴィカは、高さ88mの白大理石の鐘楼で、風向計にギルランダ(花冠)があるため「ギルランディーナ(小さな花冠)」の愛称で呼ばれています。

モデナの大聖堂は、隣接するトッレ・チヴィカとグランデ広場とともに、一体となって中世イタリアの自由都市の発展の様子を伝えており、中世キリスト教都市における信仰と市民生活の結びつきも伝える優れた例証として、世界遺産登録されました。

【世界遺産世界遺産のモデナの大聖堂、トッレ・チヴィカ及びグランデ広場の見どころ】

世界遺産世界遺産のモデナの大聖堂の外観はレリーフが施されています。

また、大聖堂の内部に14世紀からある木製の十字架像が有名です。

Modena cathedral
スポンサーサイト
TOPイタリア海外旅行は世界遺産のモデナの大聖堂、トッレ・チヴィカ及びグランデ広場へ行こう!

スポンサードリンク

Copyright © 海外旅行は世界遺産へ行こう! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。