海外旅行は世界遺産のアグリジェントの遺跡地域へ行こう!など、各国の世界遺産を紹介しています。海外旅行が初めての方も、海外旅行の達人も海外に行くなら世界遺産を旅してみませんか?海外旅行で世界遺産を訪れる際の参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

海外旅行は世界遺産のアグリジェントの遺跡地域へ行こう!

アグリジェントの遺跡地域
Archaeological Area of Agrigento


海外旅行は世界遺産アグリジェントの遺跡地域に行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産のアグリジェントの遺跡地域をご紹介します。

登録区分 文化遺産
登録基準 1,2,3,4
登録年  1997年

Temple of Concord 3.

世界遺産のアグリジェントの遺跡地域は、イタリア共和国、シチリア島南部アグリジェントに残る考古遺跡です。

アグリジェントは、シチリア最後のギリシャ植民都市の一つで、紀元前6世紀にギリシャ人によって建てられました。

以来、地中海地方の中心都市となって、ギリシア・ローマ時代の都市造りに大きな影響を与えました。

アグリジェントの最盛期は紀元前480年頃で、当時の遺跡は、町周辺の小高い丘にある「神殿の谷(Valle dei Templi)」に残されています。

「神殿の谷(Valle dei Templi)」は、シチリア島の観光名所というだけでなく、イタリアの国定史跡にもなっています。

【世界遺産のアグリジェントの遺跡地域の見どころ】

世界遺産のアグリジェントの遺跡地域、神殿の谷には以下の7つの神殿遺跡があります。

ユーノー神殿・・・紀元前5世紀に建てられた神殿で、結婚の宴に使用されていました。

コンコルディア神殿・・・紀元前5世紀に建てられ、紀元6世紀にキリスト教の聖堂に転用されました。

ヘラクレス神殿・・・神殿の谷で一番古い神殿ですが、地震により現在は8本の柱のみが残っています。

ゼウス・オリンピア神殿・・・紀元前480年にカルタゴに勝利したことを記念して建造されました。

カストル・ポリュデウケス神殿・・・現在は、4本の柱が残るだけですが、世界遺産のアグリジェントの遺跡地域の象徴的存在です。

ウルカヌス神殿・・・紀元前5世紀に建てられ、最も荘厳な神殿でした。

アスクレピオス神殿・・・病気の快復を願う巡礼者たちの目的地であった神殿です。
スポンサーサイト
TOPイタリア海外旅行は世界遺産のアグリジェントの遺跡地域へ行こう!

スポンサードリンク

Copyright © 海外旅行は世界遺産へ行こう! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。