海外旅行は世界遺産のウルビーノ歴史地区へ行こう!など、各国の世界遺産を紹介しています。海外旅行が初めての方も、海外旅行の達人も海外に行くなら世界遺産を旅してみませんか?海外旅行で世界遺産を訪れる際の参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

海外旅行は世界遺産のウルビーノ歴史地区へ行こう!

ウルビーノ歴史地区
Historic Centre of Urbino


海外旅行は世界遺産ウルビーノ歴史地区に行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産のウルビーノ歴史地区をご紹介します。

登録区分 文化遺産
登録基準 2,4
登録年  1998年



世界遺産のウルビーノ歴史地区は、イタリア共和国、中部マルケ州にあるペザロ・エ・ウルビーノ県の県都です。

世界遺産のウルビーノ歴史地区は、山間部の小さな街ですが、多くの文化遺産を擁する芸術の街として知られています。
かのラフォエロが、生まれ育ったのもこの世界遺産のウルビーノ歴史地区です。

世界遺産のウルビーノ歴史地区は中世にはウルビーノ公国の首府であり、ルネサンス期にモンテフェルトロ家の下で最盛期を迎えました。

モンテフェルトロ家でもっとも有名なのは、1444年から1482年に在位したフェデリーコ・ダ・モンテフェルトロです。

フェデリーコ・ダ・モンテフェルトロは、傑出した傭兵隊長であっただけでなく、外交に長け、また熱烈な芸術と文芸の保護者であったのです。

【世界遺産のウルビーノ歴史地区の見どころ】

・ドゥカーレ宮殿・・・現在は国立マルケ美術館として一般公開されている宮殿は、ラファエロの「黙っている女」、ピエロ・デラ・フランチェスカの「セニガリアの聖母」「キリストの鞭刑」など、ルネッサンス絵画の傑作が集まっています。地下には昔の台所や公爵の風呂跡も残されています。目を見張るほど美しい中庭もあります。

・ラファエロの生家・・・ラファエロが14歳まで過ごした家で、フレスコ画の代表作「聖母子像」がああります。

・サン・ジョヴァンニ礼拝堂・・・「十字架磔刑図」や「聖ジョヴァンニの生涯」などサリンベーニ兄弟の後期ゴシック様式のフレスコ画が有名です。
スポンサーサイト
TOPイタリア海外旅行は世界遺産のウルビーノ歴史地区へ行こう!

スポンサードリンク

Copyright © 海外旅行は世界遺産へ行こう! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。