海外旅行は世界遺産のミグアシャ国立公園へ行こう!など、各国の世界遺産を紹介しています。海外旅行が初めての方も、海外旅行の達人も海外に行くなら世界遺産を旅してみませんか?海外旅行で世界遺産を訪れる際の参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

海外旅行は世界遺産のミグアシャ国立公園へ行こう!

ミグアシャ国立公園
Miguasha National Park


海外旅行は世界遺産ミグアシャ国立公園に行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産のミグアシャ国立公園をご紹介します。

登録区分 自然遺産
登録基準 8
登録年  1999年

Miguasha National Park, Quebec Canada

世界遺産のミグアシャ国立公園は、カナダ、ケベック州のガスペ半島の南岸に位置する国立公園です。

世界遺産のミグアシャ国立公園は、「魚類の時代」と呼ばれる多数の魚類が進化・出現した時代であるデボン紀の化石が出土する発掘地として世界的に有名でです。

世界遺産のミグアシャ国立公園では、3億7千万年前デボン紀の代表的な魚類とされている8種のうち、6種の魚の化石がここで出土しています。

世界遺産のミグアシャ国立公園に併設されている自然歴史博物館には、ユーステノプテロンの化石が展示されています。

ユーステノプテロンとは、4枚のヒレを持ち、魚類から四肢動物へ進化した肺魚のことです。

Fossilized fish, Miguasha National Park, Quebec

スポンサーサイト
TOPカナダ海外旅行は世界遺産のミグアシャ国立公園へ行こう!

スポンサードリンク

Copyright © 海外旅行は世界遺産へ行こう! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。