海外旅行は世界遺産のタリン歴史地区(旧市街)へ行こう!など、各国の世界遺産を紹介しています。海外旅行が初めての方も、海外旅行の達人も海外に行くなら世界遺産を旅してみませんか?海外旅行で世界遺産を訪れる際の参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

海外旅行は世界遺産のタリン歴史地区(旧市街)へ行こう!

タリン歴史地区(旧市街)
Historic Centre (Old Town) of Tallinn<
br>
海外旅行は世界遺産タリン歴史地区(旧市街)に行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産のタリン歴史地区(旧市街)をご紹介します。

登録区分 文化遺産
登録基準 2,4
登録年  1997年

Tallinn (Old Town), Estonia

世界遺産のタリン歴史地区(旧市街)は、エストニア共和国 の首都タリンの旧市街に残る歴史的遺産です。

タリンは、13世紀にデンマーク人によって建設された町で、歴史的に価値があるだけでなく芸術性に富んだ町です。

世界遺産タリン歴史地区(旧市街)にはトームペア城を始め、大聖堂、聖霊教会、聖ニコラス教会、アレクサンドル・ネフスキー教会、城壁などが残る。

また、世界遺産タリン歴史地区(旧市街)にはレストランやおみやげ屋さん、石畳の道路や歴史博物館、塔、縄文、広場といった観光スポットも多数あります。

【世界遺産のタリン歴史地区(旧市街)の見どころ】

トームペア城
Toompea Loss

アレクサンドル・ネフスキー教会
Alexander Nevsky Orthodox Cathedral, Tallinn and Street

スポンサーサイト
TOPエストニア海外旅行は世界遺産のタリン歴史地区(旧市街)へ行こう!

スポンサードリンク

Copyright © 海外旅行は世界遺産へ行こう! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。