海外旅行は世界遺産のドロットニングホルムの王領地へ行こう!など、各国の世界遺産を紹介しています。海外旅行が初めての方も、海外旅行の達人も海外に行くなら世界遺産を旅してみませんか?海外旅行で世界遺産を訪れる際の参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

海外旅行は世界遺産のドロットニングホルムの王領地へ行こう!

ドロットニングホルムの王領地
Royal Domain of Drottningholm


海外旅行は世界遺産ドロットニングホルムの王領地に行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産のドロットニングホルムの王領地をご紹介します。

登録区分 文化遺産
登録基準 4
登録年  1991年

Royal Domain of Drottningholm

世界遺産のドロットニングホルムの王領地は、スウェーデン王国の首都ストックホルム郊外のローベン島にあるスウェーデン王国の宮殿です。

1991年に、ドロットニングホルム宮殿を含む王領地がユネスコの世界遺産に登録されています。

世界遺産のドロットニングホルムの王領地のドロットニングホルム(Drottningholm)とは、スウェーデン語で「王妃の小島」を意味すします。

また、宮殿はその優美さから「北欧のヴェルサイユ」とも呼ばれています。

世界遺産のドロットニングホルムの王領地の宮殿は、歴代の王妃に愛されてきましたが、1744年にホルシュタイン=ゴットルプ朝の初代国王のアドルフ・フレデリクとプロイセン王女ロヴィーザ・ウルリカに結婚祝いとしてプレゼントされました。

その後、ロヴィーサ王妃によって、内装がロココ調に改装されるなどして、宮殿はさらに発展し、図書室、宮廷劇場、中国風東屋、ゴシック様式の塔などが増築されました。

世界遺産のドロットニングホルムの王領地の宮殿は、グスタフ3世の死後はしばらく使用される事がなかったのですが、1982年以来現国王の居城となっていて、220室ある宮殿は王家の住居部を除いて一般に公開されています。

【世界遺産ドロットニングホルムの王領地の見どころ】
毎年夏に宮殿で上演される演劇やオペラを観劇するのも当時の王室の気分を味わえていいかもしれません。

スポンサーサイト
TOPスウェーデン海外旅行は世界遺産のドロットニングホルムの王領地へ行こう!

スポンサードリンク

Copyright © 海外旅行は世界遺産へ行こう! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。