海外旅行は世界遺産のウルネスの木造教会へ行こう!など、各国の世界遺産を紹介しています。海外旅行が初めての方も、海外旅行の達人も海外に行くなら世界遺産を旅してみませんか?海外旅行で世界遺産を訪れる際の参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

海外旅行は世界遺産のウルネスの木造教会へ行こう!

ウルネスの木造教会
Urnes Stave Church


海外旅行は世界遺産ウルネスの木造教会に行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産のウルネスの木造教会をご紹介します。

登録区分 文化遺産
登録基準 1,2,3
登録年  1979年

Urnes Stave church

世界遺産のウルネスの木造教会は、ノルウェー王国のソグン・オ・フィヨーラネ県にある木造教会です。

世界遺産のウルネスの木造教会は、小高い丘の上に立っていてその美しい姿から、「スターヴヒルケの女王」と呼ばれています。
(ノルウェー語でスターヴは「垂直に立った支柱」、ヒルケは「教会」を意味します。)

世界遺産のウルネスの木造教会が建てられたのは、1130年ごろと考えられいて、今では珍しい木造の教会も当時は1200棟以上も建てられていた言われています。

世界遺産のウルネスの木造教会は、バイキングの文化とキリスト教が混ざった建築様式を持っています。

そして、世界遺産のウルネスの木造教会は現存する教会の中でも最も古く、保存状態もとても良好です。
雪が多い地方ならではの急勾配の屋根が特徴で、祭壇は17世紀、塔は1705年に建設されたものす。

【世界遺産ウルネスの木造教会の見どころ】
世界遺産のウルネスの木造教会は、バイキング文化とキリスト教文化が融合した建築様式のため、その風貌もとても独特です。

木造建築にも関わらず、釘は使用されておらず、木の組合わせだけで建てられています。

Urnes stave church 03

また、ウルネスの木造教会の入口と北側に面している壁面には蔓のような装飾が施されていま。

スポンサーサイト
TOPノルウェー海外旅行は世界遺産のウルネスの木造教会へ行こう!

スポンサードリンク

Copyright © 海外旅行は世界遺産へ行こう! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。