海外旅行は世界遺産のレーロース鉱山都市とその周辺へ行こう!など、各国の世界遺産を紹介しています。海外旅行が初めての方も、海外旅行の達人も海外に行くなら世界遺産を旅してみませんか?海外旅行で世界遺産を訪れる際の参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

海外旅行は世界遺産のレーロース鉱山都市とその周辺へ行こう!

レーロース鉱山都市とその周辺
Røros Mining Town and the Circumference


海外旅行は世界遺産レーロース鉱山都市とその周辺に行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産のレーロース鉱山都市とその周辺をご紹介します。

登録区分 文化遺産
登録基準 3,4,5
登録年  1980年
拡張年 2010年

Røros Church

世界遺産のレーロース鉱山都市とその周辺は、ノルウェー王国の首都オスロの北約310kmにある旧鉱山都市です。

世界遺産のレーロース鉱山都市とその周辺は、もとは「レーロース鉱山都市」として1980年に世界遺産に登録されたのですが、2010年に対象地域が拡大されて現在の「レーロース鉱山都市とその周辺」となりました。

世界遺産のレーロース鉱山都市とその周辺は、レーロール鉱山が1644年に鉱脈が発見され、鉱山労働者たちによって築かれた街で、1977年まで実に333年間もの長きにわたり銅を産出し続け、閉山に至った後も現在まで町並みは保存されています。

世界遺産のレーロース鉱山都市とその周辺は、鉱山が発見されると、移住してきた労働者によって街が建設され、極寒の厳しい自然と低賃金の労働など多くの辛く苦しい困難に耐えながら町をを築いた歴史が評価されたのです。

レーロース鉱山は、1678年から1679年の間には、スウェーデン軍の攻撃を受け、一旦廃墟となったことがあります。

1718年レーロース鉱山は、再びスウェーデン軍の占領を受け、レーロースでの銅の生産を再開され、産出された銅は戦争に用いられました。
このスウェーデンによる占領は、カール12世が暗殺されるまで続きました。

【世界遺産レーロース鉱山都市とその周辺の見どころ】
世界遺産レーロース鉱山都市とその周辺のでは、鉱山の立坑(たてあな)や農場、そして労働者用のの黒ずんだ木造家屋、彼らの象徴でもあった交差するハンマーを描いた鐘楼をもつ白い聖堂などが、現在も往時の姿のままに残されています。

スポンサーサイト
TOPノルウェー海外旅行は世界遺産のレーロース鉱山都市とその周辺へ行こう!

スポンサードリンク

Copyright © 海外旅行は世界遺産へ行こう! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。