海外旅行は世界遺産のクルアーニー/ランゲル-セント・イライアス/グレーシャー・ベイ/タッチェンシニー-アルセクへ行こう!など、各国の世界遺産を紹介しています。海外旅行が初めての方も、海外旅行の達人も海外に行くなら世界遺産を旅してみませんか?海外旅行で世界遺産を訪れる際の参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

海外旅行は世界遺産のクルアーニー/ランゲル-セント・イライアス/グレーシャー・ベイ/タッチェンシニー-アルセクへ行こう!

クルアーニー/ランゲル-セント・イライアス/グレーシャー・ベイ/タッチェンシニー-アルセク
Kluane / Wrangell-St Elias / Glacier Bay / Tatshenshini-Alsek


海外旅行は世界遺産に行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産のクルアーニー/ランゲル-セント・イライアス/グレーシャー・ベイ/タッチェンシニー-アルセクをご紹介します。

登録区分 自然遺産
登録基準 7, 8, 9, 10
登録年 1979年

20120718_0386


世界遺産クルアーニー/ランゲル-セント・イライアス/グレーシャー・ベイ/タッチェンシニー-アルセクは、アメリカ合衆国のアラスカ州とカナダのユーコン準州と及びブリティッシュ・コロンビア州にまたがっているひとつの山岳公園群です。

1979年にカナダのクルアーニー国立公園保護区とアメリカ合衆国のランゲル-セント・イライアス国立公園保護区が自然遺産にひとつの自然遺産として登録されました。

その後、1992年にはアメリカ合衆国のグレーシャー・ベイ国立公園保護区が、次いで1994年にはカナダのタッチェンシニー-アルセク州立自然保護がそれぞれ自然遺産に拡大登録されました。

世界遺産クルアーニー/ランゲル-セント・イライアス/グレーシャー・ベイ/タッチェンシニー-アルセクでは、高い山々や美しい氷河や雪原を見ることが出来ます。
世界遺産クルアーニー/ランゲル-セント・イライアス/グレーシャー・ベイ/タッチェンシニー-アルセクの氷河は北極と南極を除くと世界一の大きさです。

また、世界遺産クルアーニー/ランゲル-セント・イライアス/グレーシャー・ベイ/タッチェンシニー-アルセクには多くのグリズリーやトナカイ、トールシープやクジラやアザラシ、エローストーンとアラスカのみに生息する灰色熊、バイソン、白岩山羊などの動物が生息しています。

【世界遺産クルアーニー/ランゲル-セント・イライアス/グレーシャー・ベイ/タッチェンシニー-アルセク見どころ】
世界遺産クルアーニー/ランゲル-セント・イライアス/グレーシャー・ベイ/タッチェンシニー-アルセクではクルーズ観光がお勧めです。
クルーズ観光船は各社から出ていますので、ぜひクルーズ観光にトライしてみて下さい。
尚、船酔いする方は、予め酔い止めなどを用意しておくとよいでしょう。
スポンサーサイト
TOPアメリカ海外旅行は世界遺産のクルアーニー/ランゲル-セント・イライアス/グレーシャー・ベイ/タッチェンシニー-アルセクへ行こう!

スポンサードリンク

Copyright © 海外旅行は世界遺産へ行こう! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。