海外旅行は世界遺産のヴェルラ砕木・板紙工場へ行こう!など、各国の世界遺産を紹介しています。海外旅行が初めての方も、海外旅行の達人も海外に行くなら世界遺産を旅してみませんか?海外旅行で世界遺産を訪れる際の参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

海外旅行は世界遺産のヴェルラ砕木・板紙工場へ行こう!

ヴェルラ砕木・板紙工場
Verla Groundwood and Board Mill


海外旅行は世界遺産ヴェルラ砕木・板紙工場に行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産のヴェルラ砕木・板紙工場をご紹介します。

登録区分 文化遺産
登録基準 4
登録年  1996年

Verla Groundwood and Board Mill_

世界遺産のヴェルラ砕木・板紙工場は、フィンランド共和国のヘルシンキの北東、キュミ渓谷地方のヴェルラ村にあるかつての製紙・製材工場です。

世界遺産のヴェルラ砕木・板紙工場は、1872年に操業を開始しました。

森林資源の豊富なフィンランドでは、世界遺産ヴェルラ砕木・板紙工場は重要な産業のひとつでした。

しかし、1876年に世界遺産のヴェルラ砕木・板紙工場は火災が焼失してしまっただけでなく、資金面でも問題を抱えていたため閉鎖を余儀なくされました。

その後、世界遺産のヴェルラ砕木・板紙工場は、大株主の一人であったドイツ系のフリードリッヒ・ヴィルヘルム・ディッペルが弟の建築家カール・エドゥアルト・ディッペルとともに、工場群を整えていきました。

現存する世界遺産のヴェルラ砕木・板紙工場は、1882年以降のものです。

世界遺産のヴェルラ砕木・板紙工場はレンガ造りで、ネオゴシック様式がそのまま受け継がれています。

フリードリッヒ・ヴィルヘルム・ディッペルの死後、工場は所有者が転々とし、1964年に工場は閉鎖されました。

現在、工場は博物館となっています。

【世界遺産ヴェルラ砕木・板紙工場の見どころ】
工場は現在博物館となっていますが、設備などがそのままに保存されているので、当時の様子が窺えます。

スポンサーサイト
TOPフィンランド海外旅行は世界遺産のヴェルラ砕木・板紙工場へ行こう!

スポンサードリンク

Copyright © 海外旅行は世界遺産へ行こう! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。