海外旅行は世界遺産のサンマルラハデンマキの青銅器時代の石塚墳へ行こう!など、各国の世界遺産を紹介しています。海外旅行が初めての方も、海外旅行の達人も海外に行くなら世界遺産を旅してみませんか?海外旅行で世界遺産を訪れる際の参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

海外旅行は世界遺産のサンマルラハデンマキの青銅器時代の石塚墳へ行こう!

サンマルラハデンマキの青銅器時代の石塚墳
Bronze Age Burial Site of Sammallahdenmäki


海外旅行は世界遺産サンマルラハデンマキの青銅器時代の石塚墳に行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産のサンマルラハデンマキの青銅器時代の石塚墳をご紹介します。

登録区分 文化遺産
登録基準 3,4
登録年  1999年

Unesco FIN-501 Bronze Age Burial Site of Sammallahdenmäki

世界遺産のサンマルラハデンマキの青銅器時代の石塚墳は、フィンランド共和国の南西部に位置するラッピ (Lappi) 近郊にある青銅器時代の墓地遺跡です。

世界遺産のサンマルラハデンマキの青銅器時代の石塚墳は、スカンジナビア半島にある青銅器時代の遺跡の中では最も重要なものひとつとされています。

遺跡の花崗岩製の石塚群のうち33の石塚が、世界遺産のサンマルラハデンマキの青銅器時代の石塚墳として登録されています。

世界遺産のサンマルラハデンマキの青銅器時代の石塚墳は、紀元前1,500~前500年のものですが、古いものだと3,000年以上にも遡るとのことです。

世界遺産のサンマルラハデンマキの青銅器時代の石塚墳の発見で、死者崇拝や独特な埋葬方法を持つ、今でいう葬儀に類する風習があったことを示しています。

世界遺産のサンマルラハデンマキの青銅器時代の石塚墳は、もとはボスニア湾岸にあったのですが、土地の隆起によって、現在は海岸線から15km離れた場所に位置しています。

現在、世界遺産のサンマルラハデンマキの青銅器時代の石塚墳は市有地であるため、立ち入りが制限されています。

【世界遺産サンマルラハデンマキの青銅器時代の石塚墳の見どころ】
通称「聖堂の床」(Kirkonlaattia) と呼ばれる16x19m の平らな面が広がる珍しい石塚や通称「フルートの長石塚」(Huilun pitkä raunio) と呼ばれる古い石壁に囲まれた石塚などが見られます。

スポンサーサイト
TOPフィンランド海外旅行は世界遺産のサンマルラハデンマキの青銅器時代の石塚墳へ行こう!

スポンサードリンク

Copyright © 海外旅行は世界遺産へ行こう! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。