海外旅行は世界遺産のヴィルニュスの歴史地区へ行こう!など、各国の世界遺産を紹介しています。海外旅行が初めての方も、海外旅行の達人も海外に行くなら世界遺産を旅してみませんか?海外旅行で世界遺産を訪れる際の参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

海外旅行は世界遺産のヴィルニュスの歴史地区へ行こう!

ヴィルニュスの歴史地区
Vilnius Historic Centre


海外旅行は世界遺産ヴィルニュスの歴史地区に行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産のヴィルニュスの歴史地区をご紹介します。

登録区分 文化遺産
登録基準 2,4
登録年  1994年

Vilnius - Old Town

世界遺産のヴィルニュスの歴史地区は、バルト三国の一つリトアニア共和国の首都ヴィルニュスにある旧市街です。

世界遺産のヴィルニュスの歴史地区の面積は360㎡と東ヨーロッパでは最大です。

世界遺産のヴィルニュスの歴史地区は、13世紀から18世紀まで東西貿易の中継地として繁栄しました。

世界遺産のヴィルニュスの歴史地区は、バルト3国の中でもリンガやタリンと比べると市街地に城壁がないなど、ハンザ同盟の影響が見られません。

世界遺産のヴィルニュスの歴史地区は、第二次世界大戦で甚大な被害をこうむりましたが、戦火をまぬがれた建物が1,500も残っています。

世界遺産のヴィルニュスの歴史地区の建築物にはバロック建築をはじめ、ゴシックやルネッサンス様式など様々なスタイルが見られます。

【世界遺産ヴィルニュスの歴史地区の見どころ】
世界遺産ヴィルニュスの歴史地区で代表的な建築物は、カテドゥロス広場に建つリトアニア最古のヴィルニュス大聖堂(18世紀再建)、城の一部のゲディミナス塔、ゴシック様式の聖アンナ聖堂、漆喰彫刻で有名なバロック様式の聖ペテロ・パウロ聖堂のほか、聖ヨハネ聖堂、聖カシミーロ聖堂などです。

ヴィルニュス大聖堂
UNESCO - Vilnius Historic Centre

また、イエズス会により1579年に創設されたヴィルニュス大学は、東ヨーロッパで最も歴史の古い大学の一つです。

スポンサーサイト
TOPリトアニア海外旅行は世界遺産のヴィルニュスの歴史地区へ行こう!

スポンサードリンク

Copyright © 海外旅行は世界遺産へ行こう! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。