海外旅行は世界遺産のクルシュー砂州へ行こう!など、各国の世界遺産を紹介しています。海外旅行が初めての方も、海外旅行の達人も海外に行くなら世界遺産を旅してみませんか?海外旅行で世界遺産を訪れる際の参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

海外旅行は世界遺産のクルシュー砂州へ行こう!

クルシュー砂州
Curonian Spit


海外旅行は世界遺産クルシュー砂州に行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産のクルシュー砂州をご紹介します。

登録区分 文化遺産
登録基準 5
登録年  2000年

Curonian Spit, Lithuania

世界遺産のクルシュー砂州は、リトアニア共和国のクライペダ地方と、ロシア連邦の飛び地であるカリーニングラード地方の2国に及ぶ細長い砂の半島です。

世界遺産のクルシュー砂州は、全長98㎞最大幅3.8㎞の細長く湾曲しており、98㎞のうち北の52㎞がリトアニア共和国に属し、残りがロシア連邦に属しています。

世界遺産のクルシュー砂州が現在のような細長い砂州が出来上がったのは、紀元前3000年ほど前とされています。

16世紀に世界遺産のクルシュー砂州は、ボートや住居用の材木のための森林伐採により森林破壊がすすみ、島全体が砂丘に覆われ、村が砂に埋もれました。

こうした危機感から当局は、1825年に大規模な森林再生や緑化活動の支援を開始し、そのおかげで現在砂州は森林に覆われ、美しい姿を取り戻しました。

【世界遺産のクルシュー砂州の見どころ】
世界遺産のクルシュー砂州は現在も漁業が盛んで、ここでは新鮮な魚料理が頂けます。

また、世界遺産のクルシュー砂州は、「リトアニアのサハラ」と呼ばれてるほど長く続いており、森林に囲まれた美しい砂州を見ることが出来ます。

スポンサーサイト
TOPリトアニア海外旅行は世界遺産のクルシュー砂州へ行こう!

スポンサードリンク

Copyright © 海外旅行は世界遺産へ行こう! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。