海外旅行は世界遺産のケルナヴェ古代遺跡(ケルナヴェ文化保護区)へ行こう!など、各国の世界遺産を紹介しています。海外旅行が初めての方も、海外旅行の達人も海外に行くなら世界遺産を旅してみませんか?海外旅行で世界遺産を訪れる際の参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

海外旅行は世界遺産のケルナヴェ古代遺跡(ケルナヴェ文化保護区)へ行こう!

ケルナヴェ古代遺跡(ケルナヴェ文化保護区)
Kernavė Archaeological Site (Cultural Reserve of Kernavė)


海外旅行は世界遺産ケルナヴェ古代遺跡(ケルナヴェ文化保護区)に行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産のケルナヴェ古代遺跡(ケルナヴェ文化保護区)をご紹介します。

登録区分 文化遺産
登録基準 3,4
登録年  2004年

Kernave (Kierniów), Lithuania (Litwa, Lietuva)

世界遺産のケルナヴェ古代遺跡(ケルナヴェ文化保護区)は、リトアニア共和国の東南部、首都ヴィルニュスから北西に位置するネリス川のほとりにある古代遺跡群です。

世界遺産ケルナヴェ古代遺跡(ケルナヴェ文化保護区)は、紀元前9000~紀元前8000年の旧石器時代後期から中世までの居住地、カルナス丘陵要塞、埋葬遺跡などからなり、バルト地方における1万年以上人類の歴史を知ることが出来る重要な場所です。

その世界遺産ケルナヴェ古代遺跡(ケルナヴェ文化保護区)では壺た瓶なども多数は発見されており、古代の土地利用の様子も残されています。

世界遺産のケルナヴェ古代遺跡(ケルナヴェ文化保護区)は、1279年にドイツ騎士団に攻囲され、1390年には同団により城と建物群が焼き払われてしまいました。

その後、町は再建されることなく、住民は谷から丘の上へと移住を余儀なくされました。

そして、時代の流れとともに世界遺産のケルナヴェ古代遺跡(ケルナヴェ文化保護区)は、土に覆われてしまい、湿った泥炭地のようになり、これがゆえに遺跡は破壊されることなく保存されることになったのです。

【世界遺産のケルナヴェ古代遺跡(ケルナヴェ文化保護区)の見どころ】

・聖堂
Kernavė church

今日の聖堂は旧聖堂の敷地に隣接する形で建てられている。旧聖堂の礎は1739年に発掘されたものです。
聖堂には、聖餐台それ自体、2枚の絵画、2つの彫刻、3つのステンドグラス、鐘など、素晴らしい美術品が残されています。

・ケルナヴェ小学校(The Kernavė Primary School)
1920年に建てられ建てられた2階建ての校舎の小学校です。

スポンサーサイト
TOPリトアニア海外旅行は世界遺産のケルナヴェ古代遺跡(ケルナヴェ文化保護区)へ行こう!

スポンサードリンク

Copyright © 海外旅行は世界遺産へ行こう! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。