海外旅行は世界遺産のボイン渓谷の遺跡群へ行こう!など、各国の世界遺産を紹介しています。海外旅行が初めての方も、海外旅行の達人も海外に行くなら世界遺産を旅してみませんか?海外旅行で世界遺産を訪れる際の参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

海外旅行は世界遺産のボイン渓谷の遺跡群へ行こう!

ボイン渓谷の遺跡群
Archaeological Ensemble of the Bend of the Boyne


海外旅行は世界遺産ボイン渓谷の遺跡群に行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産のボイン渓谷の遺跡群をご紹介します。

登録区分 文化遺産
登録基準 1,3,4
登録年  1993年

P1000158 Newgrange

世界遺産のボイン渓谷の遺跡群は、アイルランドの首都ダブリンの北西、ポイント川の屈曲部に位置する、新石器時代の巨石遺跡群です。

世界遺産のボイン渓谷の遺跡群は、ヨーロッパにおける先史時代の巨石文化で最大かつ最も重要なものです。

世界遺産のボイン渓谷の遺跡群で主要な墳墓は、ニューグランジ (Newgrange)、ノウス (Knowth)、ドウス (Dowth) の3つの墳墓です。

世界遺産のボイン渓谷の遺跡群で主要な墳墓の3つの主要巨石遺跡は、天文考古学上の重要な意味も持っている言われています。

ニューグレンジとドウスは冬至の太陽に対応し、ノウスは春分の太陽に対応しているのとされています。

この他にもほかにこの世界遺産のボイン渓谷の遺跡群には、ドウス・ホール羨道墳群 (Dowth Hall passage graves)やタウンレイホール羨道墳(Townleyhall passage grave)、モンク・ニュータウン・ヘンジ (Monknewtown henge) と祭礼の泉(ritual pond)などがあります。

【世界遺産のボイン渓谷の遺跡群の見どころ】
世界遺産のボイン渓谷の遺跡群の大部分は、川の北側に集中しています。
やはり川の北側に位置する3つの主要な巨石遺跡は、一度も補修されていませんが、今もって雨漏りすることがありません。

尚、ニューグレンジとノウスへはブルー・ナ・ボーニャ案内センターから出発するガイド付きツアーでしか立ち入れません。

スポンサーサイト
TOPアイルランド海外旅行は世界遺産のボイン渓谷の遺跡群へ行こう!

スポンサードリンク

Copyright © 海外旅行は世界遺産へ行こう! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。