海外旅行は世界遺産のジャイアンツ・コーズウェーとコーズウェー海岸へ行こう!など、各国の世界遺産を紹介しています。海外旅行が初めての方も、海外旅行の達人も海外に行くなら世界遺産を旅してみませんか?海外旅行で世界遺産を訪れる際の参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

海外旅行は世界遺産のジャイアンツ・コーズウェーとコーズウェー海岸へ行こう!

ジャイアンツ・コーズウェーとコーズウェー海岸
Giant's Causeway and Causeway Coast


海外旅行は世界遺産ジャイアンツ・コーズウェーとコーズウェー海岸に行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産のジャイアンツ・コーズウェーとコーズウェー海岸をご紹介します。

登録区分 自然遺産
登録基準 7,8
登録年  1986年

Giant's Causeway and Causeway Coast

世界遺産のジャイアンツ・コーズウェーとコーズウェー海岸は、グレートブリテンおよび北部アイルランド連合王国(イギリス)、北アイルランド北部ロンドンデリーの北東に位置する、5000万~6000万年前の火山活動で噴出した溶岩によってできた「巨人の石道」という意味の景勝地です。

世界遺産のジャイアンツ・コーズウェーとコーズウェー海岸は、玄武岩の柱状の奇岩が約8kmも続きます。

世界遺産のジャイアンツ・コーズウェーとコーズウェー海岸の「巨人の石道」と呼ばれるジャイアンツ・コーズウェーは、アイルランドの伝説の巨人フォン・マックールから来ています。

ジャイアンツ・コーズウェーは、玄武岩に六角形、または四角・五角・七角・八角形をした柱状節理の石からできて、最も高い柱では12mに達しており、崖で凝固した溶岩の中には厚さ28mになるものあります。

Giant's Causeway

世界遺産のジャイアンツ・コーズウェーとコーズウェー海岸のジャイアンツ・コーズウェーの柱の上部部分は平らで、柱の付け根部分は断崖の下から伸びており、下方部は海の下に沈んでいるため、一見石畳みの道路のようです。

世界遺産のジャイアンツ・コーズウェーとコーズウェー海岸地域は、ギンフルマカモメ、ウミツバメ、鵜、アカアシシギ、オオハシウミガラスなどの海鳥たちの良い避難所となっています。

また、世界遺産のジャイアンツ・コーズウェーとコーズウェー海岸には、ホタルイ属やコケシノブ属などの珍しい植物を見ることが出来ます。

【世界遺産ジャイアンツ・コーズウェーとコーズウェー海岸の見どころ】
石柱の形によって「ジャイアンツ・オーガン」「巨人の靴」「蜂の巣」などと呼ばれるものがあります。

スポンサーサイト
TOPイギリス海外旅行は世界遺産のジャイアンツ・コーズウェーとコーズウェー海岸へ行こう!

スポンサードリンク

Copyright © 海外旅行は世界遺産へ行こう! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。