海外旅行は世界遺産のアイアンブリッジ峡谷へ行こう!など、各国の世界遺産を紹介しています。海外旅行が初めての方も、海外旅行の達人も海外に行くなら世界遺産を旅してみませんか?海外旅行で世界遺産を訪れる際の参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

海外旅行は世界遺産のアイアンブリッジ峡谷へ行こう!

アイアンブリッジ峡谷
Ironbridge Gorge


海外旅行は世界遺産アイアンブリッジ峡谷に行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産のアイアンブリッジ峡谷をご紹介します。

登録区分 文化遺産
登録基準 1,4
登録年  1986年

Bridges of the Ironbridge Gorge #7

世界遺産のアイアンブリッジ峡谷は、グレートブリテンおよび北部アイルランド連合王国(イギリス)、イングランドの西部、ロンドンの北西約190km、バーミンガムの郊外にある、産業革命発祥の地と言われているコールブルックデールに位置し、シュロップシャー州にあるセヴァーン川が形作った峡谷です。

世界遺産のアイアンブリッジ峡谷は、以前は「セヴァーン峡谷」と呼ばれていましたが、コールブルックデール橋が(通称アイアンブリッジ)世界で初めて作られ、産業遺産となった鉄橋であることから、その名の方が有名になり、「アイアンブリッジ峡谷」と呼ばれるようになりました。

世界遺産のアイアンブリッジ峡谷は美しい景観を持つだけでなく、歴史的にも重要な土地とされ、「産業革命」が始まった土地と言われています。

世界遺産のアイアンブリッジ峡谷は、当時の産業に必須だった石炭などの原料の採掘が安易であったこと、また、川が広いため製品を海まで運搬するのが容易かったことが発展に大きく寄与しています。

世界遺産のアイアンブリッジ峡谷には18世紀後半~19世紀のイギリスの産業革命期の溶鉱炉や工場、労働者の住居などが保存されています。

中でも世界初の鉄橋であり、世界遺産のアイアンブリッジ峡谷の最大の建造物であるアイアンブリッジは、全長60m、幅約7m、総重量400tで1779年に完成されました。

【世界遺産アイアンブリッジ峡谷の見どころ】
世界遺産アイアンブリッジ峡谷では、今でも現役でアイアンブリッジが使用されています。

The Iron Bridge, Ironbridge Gorge World Heritage Site, Shropshire[7/12/06]

スポンサーサイト
TOPイギリス海外旅行は世界遺産のアイアンブリッジ峡谷へ行こう!

スポンサードリンク

Copyright © 海外旅行は世界遺産へ行こう! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。