海外旅行は世界遺産のファウンティンズ修道院遺跡群を含むスタッドリー王立公園へ行こう!など、各国の世界遺産を紹介しています。海外旅行が初めての方も、海外旅行の達人も海外に行くなら世界遺産を旅してみませんか?海外旅行で世界遺産を訪れる際の参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

海外旅行は世界遺産のファウンティンズ修道院遺跡群を含むスタッドリー王立公園へ行こう!

ファウンティンズ修道院遺跡群を含むスタッドリー王立公園
Studley Royal Park including the Ruins of Fountains Abbey


海外旅行は世界遺産ファウンティンズ修道院遺跡群を含むスタッドリー王立公園に行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産のファウンティンズ修道院遺跡群を含むスタッドリー王立公園をご紹介します。

登録区分 文化遺産
登録基準 1,4
登録年  1986年

UK: Studley Royal Park, Fountains Abbey

世界遺産のファウンティンズ修道院遺跡群を含むスタッドリー王立公園は、グレートブリテンおよび北部アイルランド連合王国(イギリス)、イングランド北部の町リポンの丘にあるイギリス式庭園と庭園内にあるファウンテンズ修道院遺跡群です。

世界遺産のファウンティンズ修道院遺跡群を含むスタッドリー王立公園内のファウンティンズ修道院遺跡群は、12世紀にヨーク修道院にいた修道士たちによって創建された修道院の遺跡です。

しかし、16世紀になると、世界遺産のファウンティンズ修道院遺跡群を含むスタッドリー王立公園内のファウンティンズ修道院は、ヘンリー8世が出した修道院解散令によって解散され廃墟への道を辿ることになります。

その後、18世紀にジョン・エズラビーが世界遺産のファウンティンズ修道院遺跡群を含むスタッドリー王立公園となる土地を相続し、彼の死後、息子のウィリアムがファウンテンズの修道院とホールを買い上げて、庭園を拡張しました。

当時は廃墟や中世建築を愛好するロマン主義が流行していたからことからファウンテンズ修道院遺跡群を庭園内に取り込んで作ったと言われています。

そのお蔭で、ノルマン・ロマネスク様式の本堂や塔の廃墟などの中世の貴重な建造物と美しい庭園が評価され、世界遺産のファウンティンズ修道院遺跡群を含むスタッドリー王立公園として登録されることとなったのです。

【世界遺産ファウンティンズ修道院遺跡群を含むスタッドリー王立公園の見どころ】
世界遺産ファウンティンズ修道院遺跡群を含むスタッドリー王立公園は廃墟ではありますが、イギリスの中世の当時の雰囲気を十分に感じることが出来ます。

また、世界遺産ファウンティンズ修道院遺跡群を含むスタッドリー王立公園では、廃墟の他、古代風の家屋やや人工の池や滝などがあり、美しい風景庭園としても人気があります。

The Deer Park at Studley Royal Park and Fountains Abbey near Ripon, North Yorkshire, England - October 2012

スポンサーサイト
TOPイギリス海外旅行は世界遺産のファウンティンズ修道院遺跡群を含むスタッドリー王立公園へ行こう!

スポンサードリンク

Copyright © 海外旅行は世界遺産へ行こう! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。