海外旅行は世界遺産のグウィネズのエドワード1世の城群と市壁群へ行こう!など、各国の世界遺産を紹介しています。海外旅行が初めての方も、海外旅行の達人も海外に行くなら世界遺産を旅してみませんか?海外旅行で世界遺産を訪れる際の参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

海外旅行は世界遺産のグウィネズのエドワード1世の城群と市壁群へ行こう!

グウィネズのエドワード1世の城群と市壁群
Castles and Town Walls of King Edward in Gwynedd


海外旅行は世界遺産グウィネズのエドワード1世の城群と市壁群に行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産のグウィネズのエドワード1世の城群と市壁群をご紹介します。

登録区分 文化遺産
登録基準 1,3,4
登録年  1986年

SUNRISE AT CAERNARFON CASTLE.

世界遺産のグウィネズのエドワード1世の城群と市壁群は、グレートブリテンおよび北部アイルランド連合王国(イギリス)の中西部、グウィネズ県のアングルシー島、カーナーフォン、コンウェイ、ハーレフに分布する城郭群です。

世界遺産のグウィネズのエドワード1世の城群と市壁群は、13世紀にイングランド王のエドワード1世(在位1272~1307年)がウェールズを攻略する際に建てられました。

世界遺産のグウィネズのエドワード1世の城群と市壁群の4つの城の設計は、いずれもマスター・ジェイムズと呼ばれた一人の建築士によって建てられたとされています。

【世界遺産のグウィネズのエドワード1世の城群と市壁群の見どころ】

・世界遺産のグウィネズのエドワード1世の城群と市壁群のうちアングルシー島にあるビューマリス城(Beaumaris Castle)は、六角形と四角形の均整のとれた美しい二重環状城壁で知られてますが、城自体は未完成に終わっています。

・世界遺産のグウィネズのエドワード1世の城群と市壁群のカーナーフォン城 (Caernarfon Castle)は、イングランド王家の住まいとイングランド支配に対する抵抗を封じ込めるための本拠地として1283年より建設が始められました。
カーナーフォン城 は、イギリス王太子の称号プリンス・オブ・ウェールズにゆかりのある城であり、やはり未完成の城です。

Caernarfon Castle

・世界遺産のグウィネズのエドワード1世の城群と市壁群のコンウェイ城は美しい8つの円塔と4つの小塔が残されています。

・世界遺産のグウィネズのエドワード1世の城群と市壁群のハーレフ城は、ウェールズ遠征の拠点として建設されました。

スポンサーサイト
TOPイギリス海外旅行は世界遺産のグウィネズのエドワード1世の城群と市壁群へ行こう!

スポンサードリンク

Copyright © 海外旅行は世界遺産へ行こう! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。