海外旅行は世界遺産のセント・キルダへ行こう!など、各国の世界遺産を紹介しています。海外旅行が初めての方も、海外旅行の達人も海外に行くなら世界遺産を旅してみませんか?海外旅行で世界遺産を訪れる際の参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

海外旅行は世界遺産のセント・キルダへ行こう!

セント・キルダ
St Kilda


海外旅行は世界遺産セント・キルダに行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産のセント・キルダをご紹介します。

登録区分 複合遺産
登録基準 3,5,7,9,10
登録年  1986年
拡張年  2004、2005年

Clouds trailing off Boreray, St. Kilda, Scotland

世界遺産のセント・キルダは、グレートブリテンおよび北部アイルランド連合王国(イギリス)スコットランド北西部から約185kmの北大西洋上に位置する、6000万年前の火山活動でできたヒルタ島、ボーレ島、ソアイ島、ダン島の4つの島などからなる諸島です。

世界遺産のセント・キルダは、第三紀の火成岩地層、花崗岩や斑レイ岩から構成されていて、海面下の海底台地からおよそ40m上昇している、遥か昔に消滅した輪火山の跡です。

世界遺産のセント・キルダの中で、最大の島ヒルタ島はイギリスでもっとも高い海面に面した断崖絶壁がある島であり、唯一の有人島で、少なくとも2000年間人が暮らしてきた歴史があるとさています。

世界遺産のセント・キルダは、多くの重要な海鳥の繁殖地となっていて、その規模は北大西洋最大です。

この他、世界遺産のセント・キルダには珍しい種類のヒツジを見ることが出来ます。

セント・キルダの世界遺産登録は1986年ですが、2004年に周辺海域も登録範囲に含められ、さらに2005年に文化遺産としての価値も認められ、自然遺産から複合遺産となりました。

【世界遺産のセント・キルダの見どころ】

・世界遺産のセント・キルダには世界最大のシロカツオドリをはじめ、ミツユビカモメ、オオハシウミガラス、ウミガラスなど多種多彩な鳥が生息していています。

St. Kilda in the Outer Hebrides

・ソアイ種ヒツジ

Soay sheep and Cleits, St Kilda

世界遺産のセント・キルダは現在上陸が制限されています。
他の世界遺産のように簡単には行けませんし、宿泊も出来ません。

世界遺産のセント・キルダへの観光をご希望の際は、事前にチェックされることをお勧めします。

スポンサーサイト
TOPイギリス海外旅行は世界遺産のセント・キルダへ行こう!

スポンサードリンク

Copyright © 海外旅行は世界遺産へ行こう! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。