海外旅行は世界遺産のブレナム宮殿へ行こう!など、各国の世界遺産を紹介しています。海外旅行が初めての方も、海外旅行の達人も海外に行くなら世界遺産を旅してみませんか?海外旅行で世界遺産を訪れる際の参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

海外旅行は世界遺産のブレナム宮殿へ行こう!

ブレナム宮殿
Blenheim Palace


海外旅行世界遺産ブレナム宮殿に行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産ブレナム宮殿をご紹介します。

登録区分 文化遺産
登録基準 2,4
登録年  1987年

Blenheim Palace

世界遺産ブレナム宮殿は、グレートブリテンおよび北部アイルランド連合王国(イギリス)南部オックスフォードシャー県のウッドストックに位置する宮殿です。

世界遺産ブレナム宮殿は、1704年にスペイン継承戦争中のブレンハイム(ブレナム)の戦いで功績を讃え、初代マールバラ公爵ジョン・チャーチルへ当時のアン王女から贈られてた大邸宅です。

実際は世界遺産ブレナム宮殿を贈ったのではなく、王室の土地を提供し、王室の費用で建設しています。

1705年に着工し、1722年に完成した世界遺産のブレナム宮殿は、敷地面積4,600万㎡、邸宅の面積は2万8,000㎡で、200以上の部屋を有しています。

また、世界遺産のブレナム宮殿の建築様式はバロック様式で、内部は、豪華な調度品、絵画、陶磁器コレクションなどが置かれ、壁は大理石・漆喰で作られおり、その壁にはフレスコ画が描かれたり、豪華なタペストリーで飾られています。

世界遺産のブレナム宮殿の敷地内の庭園や公園、人工湖や河川、森や丘などの調和も美しく見事です。

【世界遺産のブレナム宮殿の見どころ】
世界遺産のブレナム宮殿では、自由見学も可能ですが、壮麗な宮殿を形作る歴史、人々、イベントを説明するステート・ルーム (大広間) のガイド付きツアーが利用できます。

世界遺産のブレナム宮殿のフォーマル・ガーデン(Formal Gardens) にはウォーター・テラス(Water Terraces) 、ローズ・ガーデン(Rose Garden)、イタリアン・ガーデン(Italian Garden)、シークレット・ガーデン(Secret Garden)があります。

また、プレジャー・ガーデンには、欧州最大の象徴的な生け垣のメイズ(迷路)、アドベンチャー・プレイ・エリア(Adventure Play Area)、バタフライ・ハウス(Butterfly House)、「ブレナム・バイゴーンズ(Blenheim Bygones)」展があります。

スポンサーサイト
TOPイギリス海外旅行は世界遺産のブレナム宮殿へ行こう!

スポンサードリンク

Copyright © 海外旅行は世界遺産へ行こう! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。