海外旅行は世界遺産のローマ帝国の国境線へ行こう!など、各国の世界遺産を紹介しています。海外旅行が初めての方も、海外旅行の達人も海外に行くなら世界遺産を旅してみませんか?海外旅行で世界遺産を訪れる際の参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

海外旅行は世界遺産のローマ帝国の国境線へ行こう!

ローマ帝国の国境線
Frontiers of the Roman Empire


海外旅行は世界遺産ローマ帝国の国境線に行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産のローマ帝国の国境線をご紹介します。

登録区分 文化遺産
登録基準 2,3,4
登録年  1987年
拡張年  2005年、2008年

世界遺産のローマ帝国の国境線は、グレートブリテンおよび北部アイルランド連合王国(イギリス)とドイツ連邦共和国の長城群です。

世界遺産のローマ帝国の国境線は、1987年にイギリスのハドリアヌスの長城がローマ帝国の繁栄と衰退を残す文化的景観が評価されて登録されました。

Hadrian's Wall, Housesteads, Northumberland

その後、2005年にドイツのリーメスが拡大登録され、世界遺産のローマ帝国の国境線という現在の名称となり、2008年にはイギリスのアントニヌスの長城が含まれるととなりました。

世界遺産のローマ帝国の国境線のハドリアヌスの長城は、イングランド北部、スコットランドとの境界線近くに位置し、1世紀半ばにローマ帝国皇帝ハドリアヌスがケルト人の侵入を防ぐために建てた長城です。

世界遺産のローマ帝国の国境線のハドリアヌスの長城は、完成当時は土塁で、118kmにも及んでおり、壁の高さは4から5m、厚さ約3mでした。

約1.5kmの間隔で監視所も設置され、要塞も6㎞間隔で建設されていることからも、世界遺産のローマ帝国の国境線のハドリアヌスの長城は防衛線として建設されたことが分かります。

世界遺産のローマ帝国の国境線のリーメスは、ドイツのライン川とドナウ川の間に残されている長城跡で、紀元前2世紀頃から建設が始まったとされています。

世界遺産のローマ帝国の国境線のリーメスは、ゲルマン民族の侵略からライン川流域の土地と通商路を守るために建設されたのであり、その長さはドナウ川からはライン川まで550㎞にまで達します。

リーメスは、主に長城と物見櫓、砦に分けられます。

世界遺産のローマ帝国の国境線のアントニヌスの長城は、イギリス、スコットランドの中央部に残される石と土で作られたローマ時代の長城です。

世界遺産のローマ帝国の国境線のアントニヌスの長城の建設は、西暦142年から144年にかけて行われており、その長さは、クライド湾沿いの古キルパトリック(ウェスト・ダンバートンシャイア)からフォース湾沿いのフォールカークまで60㎞に及んでいます。

アントニヌスの長城は、ハドリアヌスの長城に代わるものとして、建設された長城です。

スポンサーサイト
TOPイギリス海外旅行は世界遺産のローマ帝国の国境線へ行こう!

スポンサードリンク

Copyright © 海外旅行は世界遺産へ行こう! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。