海外旅行は世界遺産のゴフ島及びインアクセシブル島へ行こう!など、各国の世界遺産を紹介しています。海外旅行が初めての方も、海外旅行の達人も海外に行くなら世界遺産を旅してみませんか?海外旅行で世界遺産を訪れる際の参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

海外旅行は世界遺産のゴフ島及びインアクセシブル島へ行こう!

ゴフ島及びインアクセシブル島
Gough and Inaccessible Islands


海外旅行世界遺産ゴフ島及びインアクセシブル島に行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産ゴフ島及びインアクセシブル島をご紹介します。

登録区分 自然遺産
登録基準 7,10
登録年  1995年
拡張年  2004年

  Gough Island, North-East Point

世界遺産ゴフ島及びインアクセシブル島は、グレートブリテンおよび北部アイルランド連合王国(イギリス)領で、南大西洋上にあります。

世界遺産ゴフ島及びインアクセシブル島は、南大西洋にある火山島のゴフ島が1995年に自然遺産として登録され、ゴフ島の北西に位置するインアクセシブル島が2004年に追加登録されました。

世界遺産ゴフ島及びインアクセシブル島のゴフ島は、1505年にポルトガル人によって発見され、当初発見者の名にちなんで、ディエゴ・アルバレス島と命名されました。

その後、1731年に世界遺産のゴフ島及びインアクセシブル島のゴフ島は、イギリス人のチャールズ・ゴフ船長に再発見されたことから、以後、ゴフ島と呼ばれるようになりました。

世界遺産のゴフ島及びインアクセシブル島のゴフ島には、アルバトロスなどの海鳥が大規模に生息しているほか、飛べない鳥セイケイなど2種の陸生鳥、10種以上の植物の固有種が生息しています。

世界遺産のゴフ島及びインアクセシブル島のインアクセシブル島は、1652年オランダ船ナチェットグラス号により発見されました。

世界遺産のゴフ島及びインアクセシブル島のインアクセシブル島は、南アメリカとアフリカ大陸のちょうど中間に位置し、岸は険しい断崖絶壁と荒波の多い火山島です。

世界遺産のゴフ島及びインアクセシブル島のインアクセシブル島は、「アクセスできない(近寄りがたい)島」を意味し、その意味する通り、まさに絶海の孤島といえます。

世界遺産のゴフ島及びインアクセシブル島のインアクセシブル島は、3,000羽以上の野生の海鳥が生息しており、固有種として飛翔能力がない鳥綱の構成種では最小種のマメクロクイナがいます。

スポンサーサイト
TOPイギリス海外旅行は世界遺産のゴフ島及びインアクセシブル島へ行こう!

スポンサードリンク

Copyright © 海外旅行は世界遺産へ行こう! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。