海外旅行は世界遺産の河港都市グリニッジへ行こう!など、各国の世界遺産を紹介しています。海外旅行が初めての方も、海外旅行の達人も海外に行くなら世界遺産を旅してみませんか?海外旅行で世界遺産を訪れる際の参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

海外旅行は世界遺産の河港都市グリニッジへ行こう!

河港都市グリニッジ
Maritime Greenwich


海外旅行は世界遺産河港都市グリニッジに行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産の河港都市グリニッジをご紹介します。

登録区分 文化遺産
登録基準 1,2,4,6
登録年  1997年

Maritime Greenwich

世界遺産の河港都市グリニッジは、グレートブリテンおよび北部アイルランド連合王国(イギリス)、ロンドンの東部、テムズ川の南河畔に広がる町で、グリニッジ子午線とグリニッジ標準時で知られる都市です。

世界遺産の河港都市グリニッジは、誰もが知っているグリニッジ天文台がある都市で、この天文台をグリニッジ子午線が通っています。

世界遺産の河港都市グリニッジは、16世紀前半にヘンリー8世が造船所を建てたことで、海洋都市へ発展していきました。

17世紀後半には王立天文台、海軍の療養施設が建設されるなど19世紀末まで、世界遺産の河港都市グリニッジは、海洋大国イギリスの中心でした。

現在、世界遺産の河港都市グリニッジでは、王立天文台は国立海洋博物館に、療養施設は王立海軍学校になっています。

また、世界遺産の河港都市グリニッジは、珍しいところで、扇を集めた世界唯一の扇博物館 (Fan Museum) もあります。

【世界遺産の河港都市グリニッジの見どころ】
世界遺産の河港都市グリニッジの天文台や国立海洋博物館は、プラセンティア宮殿の敷地を利用したグリニッジ公園内にあり、自由に見学することが出来ます。

また、王立海軍学校も一般に解放されており、グリニッジ・ヴィジター・センターからガイド付きツアーが毎日催行されています。

スポンサーサイト
TOPイギリス海外旅行は世界遺産の河港都市グリニッジへ行こう!

スポンサードリンク

Copyright © 海外旅行は世界遺産へ行こう! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。