海外旅行は世界遺産のバミューダ島の古都セント・ジョージと関連要塞群へ行こう!など、各国の世界遺産を紹介しています。海外旅行が初めての方も、海外旅行の達人も海外に行くなら世界遺産を旅してみませんか?海外旅行で世界遺産を訪れる際の参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

海外旅行は世界遺産のバミューダ島の古都セント・ジョージと関連要塞群へ行こう!

バミューダ島の古都セント・ジョージと関連要塞群
Historic Town of St George and Related Fortifications, Bermuda


海外旅行世界遺産バミューダ島の古都セント・ジョージと関連要塞群に行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産バミューダ島の古都セント・ジョージと関連要塞群をご紹介します。

登録区分 文化遺産
登録基準 4
登録年  2000年

St George

世界遺産バミューダ島の古都セント・ジョージと関連要塞群は、アメリカのニューヨーク南東の大西洋上にあるグレートブリテンおよび北部アイルランド連合王国(イギリス)領のバミューダ諸島に位置する歴史地区です。

バミューダ諸島は、1503年にスペイン人のジョン・バミューダが発見したことからこの名が付けられました。

1609年には、イギリスの植民者たちが現在のアメリカ合衆国バージニア州へ向かう途上、乗っていた船が難破した地がセント・ジョージであったことがきっかけで、イギリスの植民地となりました。

世界遺産バミューダ島の古都セント・ジョージと関連要塞群は、17世紀から20世紀にかけてイギリスの軍事拠点として、またアメリカとの貿易の中継地として栄えました。

世界遺産バミューダ島の古都セント・ジョージと関連要塞群では、その史跡が現在も手つかずのまま残されています。

世界遺産のバミューダ島の古都セント・ジョージと関連要塞群の建築物のほとんどは、17世紀から19世紀にかけ建てられたものですが、時代の経過とともに街の景観が損なわれないように様々な工夫がなされています。

例えば、世界遺産のバミューダ島の古都セント・ジョージと関連要塞群では、電気やガス、電話などの配線などは地中に埋められていて、街灯などは当時の様式のものが使用されています。

一方、世界遺産のバミューダ島の古都セント・ジョージと関連要塞群では1620年代から1834年に奴隷制度廃止法が発効するまでの約200年間、奴隷貿易が行われるなど、負の歴史もあります。

【世界遺産のバミューダ島の古都セント・ジョージと関連要塞群の見どころ】
世界遺産のバミューダ島の古都セント・ジョージと関連要塞群の歴史的な建築物は博物館として機能しているだけでなく、住居、レストラン、パブ、そして商店としても利用されています。

また、広場にはさらし台のレプリカ、そしてかつて港へ醜聞の渦中の女性を沈めるのに使用されたという水責め椅子のレプリカがあります。

世界遺産のバミューダ島の古都セント・ジョージと関連要塞群では、今でも石灰岩の白い家並みが残されており、その美しい景観は青い海とともに人気があります。

スポンサーサイト
TOPイギリス海外旅行は世界遺産のバミューダ島の古都セント・ジョージと関連要塞群へ行こう!

スポンサードリンク

Copyright © 海外旅行は世界遺産へ行こう! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。