海外旅行は世界遺産のブレナヴォン産業用地へ行こう!など、各国の世界遺産を紹介しています。海外旅行が初めての方も、海外旅行の達人も海外に行くなら世界遺産を旅してみませんか?海外旅行で世界遺産を訪れる際の参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

海外旅行は世界遺産のブレナヴォン産業用地へ行こう!

ブレナヴォン産業用地
Blaenavon Industrial Landscape


海外旅行世界遺産ブレナヴォン産業用地に行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産ブレナヴォン産業用地をご紹介します。

登録区分 文化遺産
登録基準 3,4
登録年  2000年

Big Pit

世界遺産ブレナヴォン産業用地は、グレートブリテンおよび北部アイルランド連合王国(イギリス)ウェールズのカーディフ北東に位置する製鉄業で成長した町です。

世界遺産ブレナヴォン産業用地は、18世紀末~19世紀、鉄鉱石と石炭の主要産地として繁栄し、最盛期には66万tもの鉄を鋳造して輸出していました。

一時は、世界遺産ブレナヴォン産業用地の町の人口は、2万人を超えていたといわれています。

世界遺産のブレナヴォン産業用地の町の周辺には現在も、高炉などの製鉄設備、石炭や鉄鉱石の鉱床、採掘現場、労働者のための住居、初期の鉄道などが保存されています。

【世界遺産のブレナヴォン産業用地の見どころ】
世界遺産のブレナヴォン産業用地のビッグ・ピット国立石炭博物館 (Big Pit National Coal Museum) は、炭鉱閉鎖後、観光客向けに生まれ変わった博物館ですが、かつて使用されていた坑道を抗夫の恰好で見学することが出来ます。
観光用の坑道としてはイギリスで最大級です。

また、世界遺産のブレナヴォン産業用地では、製鉄所 (Blaenavon Iron Works) 、ポンティプール・ブレナヴォン鉄道 (Pontypool and Blaenavon Railway) を見ることが出来ます。

このほか、世界遺産のブレナヴォン産業用地において、歴史的に重要な山々にある古い作業場群なども残されています。
スポンサーサイト
TOPイギリス海外旅行は世界遺産のブレナヴォン産業用地へ行こう!

スポンサードリンク

Copyright © 海外旅行は世界遺産へ行こう! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。