海外旅行は世界遺産のオリンピック国立公園へ行こう!など、各国の世界遺産を紹介しています。海外旅行が初めての方も、海外旅行の達人も海外に行くなら世界遺産を旅してみませんか?海外旅行で世界遺産を訪れる際の参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

海外旅行は世界遺産のオリンピック国立公園へ行こう!

オリンピック国立公園
Olympic National Park


海外旅行は世界遺産オリンピック国立公園に行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産のオリンピック国立公園をご紹介します。

登録区分 自然遺産
登録基準 7, 9
登録年  1981年

Olympic National Park

世界遺産のオリンピック国立公園は、ワシントン州西部のオリンピック半島にあるアメリカ合衆国の国立公園です。

世界遺産のオリンピック国立公園は、1つの公園の中に色々な気候が存在しています。
太平洋岸の海岸線、氷河のオリンピック山脈、温帯雨林と多様な自然の美しさを楽しむことが出来ます。

オリンピック国立公園には、毎年300万人前後の観光客が訪れます。

【世界遺産オリンピック国立公園の見どころ】
太平洋岸の海岸線

Ozette loop 170

世界遺産オリンピック国立公園の海岸線は人の手が入っていない天然の海岸線で、その距離は約100㎞以上にも及びます。

この海岸線で、最も人気のあるスポットはオゼット・ループ(Ozette Loop) で、オゼット湖 (Lake Ozette) の歩道を起点として、先住民の居住地、流木が散乱する海岸線を楽しむことが出来ます。

温帯雨林

hoh rain forest

世界遺産オリンピック国立公園の西側には、ホー・レイン・フォレスト (Hoh Rain Forest) やキノート・レイン・フォレスト (Quinault Rain Forest)を含む温帯雨林があり、アメリカ本土で一番湿った場所と言われています。
ホー・レイン・フォレスト (Hoh Rain Forest) のビジターセンターではレンジャーが案内してくれる様々なツアーがあります。
ここでは、熱帯雨林とはまた違った趣を楽しむことが出来るはずです。

氷河のオリンピック山脈

Hurricane Ridge

世界遺産オリンピック国立公園の中心部に太古からの氷河に覆われたオリンピック山脈があります。
山脈の西半分には、他を圧巻してオリンポス山がそびえています。
その高さは2,428mで、オリンピック国立公園内のハリケーン・リッジからオリンピック山脈が一望出来ます。

オリンピック国立公園
Olympic National Park

海外旅行は世界遺産に行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産のオリンピック国立公園をご紹介します。

登録区分 自然遺産
登録基準 7, 9
登録年  1981年
オリンピック国立公園は、ワシントン州西部のオリンピック半島にあるアメリカ合衆国の国立公園です。 【世界遺産オリンピック国立公園の見どころ】
スポンサーサイト
TOPアメリカ海外旅行は世界遺産のオリンピック国立公園へ行こう!

スポンサードリンク

Copyright © 海外旅行は世界遺産へ行こう! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。