海外旅行は世界遺産のドーセット及び東デヴォン海岸へ行こう!など、各国の世界遺産を紹介しています。海外旅行が初めての方も、海外旅行の達人も海外に行くなら世界遺産を旅してみませんか?海外旅行で世界遺産を訪れる際の参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

海外旅行は世界遺産のドーセット及び東デヴォン海岸へ行こう!

ドーセット及び東デヴォン海岸
Dorset and East Devon Coast


海外旅行は世界遺産ドーセット及び東デヴォン海岸に行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産のドーセット及び東デヴォン海岸をご紹介します。

登録区分 自然遺産
登録基準 8
登録年  2001年

Dorset and East Devon Coast

世界遺産のドーセット及び東デヴォン海岸は、グレートブリテンおよび北部アイルランド連合王国(イギリス)南部のドーセット州とデヴォン州に位置し、エクスマスからスタットランドに続く海岸線です。

世界遺産のドーセット及び東デヴォン海岸は、億5千万年前から始まる三畳紀から、ジュラ紀、白亜紀へと続く中生代の地層が、連続して見られる世界で唯一の場所です。

また、世界遺産のドーセット及び東デヴォン海岸は、ジュラ紀前期から白亜紀後期の恐竜イクチオサウルスの化石が発見されたことでも有名です。

地質時代の区分の一つである古生代で4番目に古い約4億1000万年前から3億6000万年前の時代のデヴォン紀の名前は、この東デヴォン海岸から来ています。

世界遺産のドーセット及び東デヴォン海岸では、ダードル・ドア(Durdle Door)の天然橋、ラルウォース・コウヴ(Lulworth Cove)の入り江や褶曲によってできた地形、ポートランド島(Isle of Purbeck)などの特徴的な地形を見ることも出来ます。

【世界遺産のドーセット及び東デヴォン海岸の見どころ】
世界遺産のドーセット及び東デヴォン海岸では、アンモナイトの化石などはビーチで簡単に見つけることが出来ます。

・ダードル・ドア(Durdle Door)の天然橋

Durdle Door, Dorset

・世界遺産のドーセット及び東デヴォン海岸の玄関口にあたる町ライム・リージス(Lyme Regis)は、化石が沢山取れるといわれています。

Lyme Regis, Dorset

スポンサーサイト
TOPイギリス海外旅行は世界遺産のドーセット及び東デヴォン海岸へ行こう!

スポンサードリンク

Copyright © 海外旅行は世界遺産へ行こう! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。