海外旅行は世界遺産のダーウェント峡谷の工場群へ行こう!など、各国の世界遺産を紹介しています。海外旅行が初めての方も、海外旅行の達人も海外に行くなら世界遺産を旅してみませんか?海外旅行で世界遺産を訪れる際の参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

海外旅行は世界遺産のダーウェント峡谷の工場群へ行こう!

ダーウェント峡谷の工場群
Derwent Valley Mills


海外旅行世界遺産ダーウェント峡谷の工場群に行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産ダーウェント峡谷の工場群をご紹介します。

登録区分 文化遺産
登録基準 2,4
登録年  2001年

UK: Derwent Valley Mills, Darley Abbey Mills

世界遺産ダーウェント峡谷の工場群は、グレートブリテンおよび北部アイルランド連合王国(イギリス)イングランド中部、ダービーシャー州のダーウェント川流域に位置する複数の紡績工場です。

世界遺産ダーウェント峡谷の工場群では、イギリスの産業革命期の1769年にアークライトの発明した水力紡績機の技術を取り入て次々に建てられた工場群が見られます。

世界遺産ダーウェント峡谷の工場群は、産業革命の最も初期の工場群として、現代の機械制大規模工場生産の根源を成すものとされています。

世界遺産のダーウェント峡谷の工場群の1771年設立のクロムフォード・ミルは、世界初の近代工場といわれています。

次々と工場が建設され、工場で働く賃金労働者も急増すると、世界遺産のダーウェント峡谷の工場群では、労働階級が生まれました。

世界遺産のダーウェント峡谷の工場群では、当時の労働者の集合住宅郡がそのままの姿で見られますが、これが今でいう社宅であり、団地の始まりです。

それまではなかった、勤務時間に合わせて工場に出勤するという生活スタイルも世界遺産のダーウェント峡谷の工場群で生まれたとされています。

世界遺産のダーウェント峡谷の工場群の対象となっているのは、クロムフォード (Cromford) 、ベルパー (Belper) 、ミルフォード (Milford) 、ダーリー・アベイ (Darley Abbey) 、ジョン・ランブ (John lambe) の工場群です。

これらの工場は、一部は現在、レストラン、ユースホステルなどに利用されています。

【世界遺産のダーウェント峡谷の工場群の見どころ】
リチャード・アークライトのマッソン・ミルにある労働繊維博物館 (the Working Textile Museum at Richard Arkwright's Masson Mill) には、約68万もの糸巻きが展示されています。

スポンサーサイト
TOPイギリス海外旅行は世界遺産のダーウェント峡谷の工場群へ行こう!

スポンサードリンク

Copyright © 海外旅行は世界遺産へ行こう! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。