海外旅行 世界遺産 絶景 コンウォールと西デヴォンの鉱山景観など、各国の世界遺産を紹介しています。海外旅行が初めての方も、海外旅行の達人も海外に行くなら世界遺産を旅してみませんか?海外旅行で世界遺産を訪れる際の参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

海外旅行 世界遺産 絶景 コンウォールと西デヴォンの鉱山景観

コンウォールと西デヴォンの鉱山景観
Cornwall and West Devon Mining Landscape


海外旅行は世界遺産コンウォールと西デヴォンの鉱山景観に行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産のコンウォールと西デヴォンの鉱山景観をご紹介します。

登録区分 文化遺産
登録基準 2,3,4
登録年  2006年

UNESCO - Cornwall and West Devon Mining Landscape

世界遺産のコンウォールと西デヴォンの鉱山景観は、グレートブリテンおよび北部アイルランド連合王国(イギリス)南西部、南西イングランド地域、コンウォール州とデヴォン州に位置する鉱山の景観です。

世界遺産のコンウォールと西デヴォンの鉱山景観の地域一帯は、18世紀から19世紀のイギリスの産業革命の時代に銅やスズの採掘で栄えました。。

世界遺産のコンウォールと西デヴォンの鉱山景観地域の工業は1500年代半ばのスズの鉱山開発から始まりました。

当初、世界遺産のコンウォールと西デヴォンの鉱山景観のスズの生産量はそれほどではありませんでした。

1800年代後半に入ると、世界遺産のコンウォールと西デヴォンの鉱山景観地域では、ヒ素の産出が盛んになり、その産出量は当時のヒ素の世界的需要の半分に至るほどです。

さらに、19世紀初頭には、産業革命の象徴、蒸気機関の登場により、硬い岩盤でも容易に採掘が可能となり、また、高圧の揚水機関の発達によって、従来よりも遥かに深く採掘することを可能にし、飛躍的に銅の産出量が伸びました。
世界遺産のコンウォールと西デヴォンの鉱山景観地域における銅の産出量は、最盛期で世界の2/3を誇るほどです。

そして、世界遺産のコンウォールと西デヴォンの鉱山景観地域の機器類を含む鉱業技術は、世界中に輸出されました。

1860年に銅の大暴落が起こると、この地での鉱業は衰退していきました。

【世界遺産のコンウォールと西デヴォンの鉱山景観の見どころ】
現在もこの地には、産業革命の時代に使われていた煙突や、レンガ造りの施設の廃墟が多く残されています。

スポンサーサイト
TOPイギリス海外旅行 世界遺産 絶景 コンウォールと西デヴォンの鉱山景観

スポンサードリンク

Copyright © 海外旅行は世界遺産へ行こう! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。