海外旅行は世界遺産のスホクラントとその周辺へ行こう!など、各国の世界遺産を紹介しています。海外旅行が初めての方も、海外旅行の達人も海外に行くなら世界遺産を旅してみませんか?海外旅行で世界遺産を訪れる際の参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

海外旅行は世界遺産のスホクラントとその周辺へ行こう!

スホクラントとその周辺
Schokland and Surroundings


海外旅行は世界遺産スホクラントとその周辺に行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産のスホクラントとその周辺をご紹介します。

登録区分 文化遺産
登録基準 3,5
登録年  1995年

Netherlands; Schokland and Surroundings.

世界遺産のスホクラントとその周辺は、オランダ王国の首都アムステルダムの北東、フレヴォラント州に位置し、100年前はゾイデル海に浮かぶ島だった地域です。

世界遺産のスホクラントとその周辺は、中世はゾイデル海の中に突き出した半島で、魅力的な農地となっていましたが、度重なる海水による浸食により、15世紀には海中に孤立した島となってしまいました。

北海が荒れると波の影響を受け、ゾイデル海も荒れ狂うため、世界遺産のスホクラントとその周辺は絶え間なく洪水や高潮の脅威にさらされ、ついにはスホクランドの面積は19世紀の時点で中世の時期と比べてさらに縮小してしまいました。

世界遺産のスホクラントとその周辺の住民は、仕方なく低地を離れ、高台へと住居を移し、漁業などで生計を立てていました。

孤立した島、世界遺産のスホクラントとその周辺に住み村人たちは、独特の方言で使用し、独特の衣装を作り、島独自のライフスタイルや文化を築いていきました。

しかし、世界遺産のスホクラントとその周辺は海水による浸食が進み、水没の危険から住民を守るため、1859年に国王ウィリアム3世が恒久的に施設の建設を禁止し、島から住民を退去させて以来、無人島になりました。

そして、1932年に堤防が完成するとゾイデル海は、現在のアイデル湖となりました。

かつて、海だった場所は開拓が始まり、世界遺産のスホクラントとその周辺はもはや孤島ではなくなりました。

1937年には、スホクラントへの再入植が始まり、これにより当時の住居跡が発見され、さらには氷河期時代の化石なども数多く発掘され、一躍注目されることとなったのです。

【世界遺産のスホクラントとその周辺の見どころ】
現在スホクラントは、19世紀までの漁港や教会、住居、擁壁、灯台などが残る考古学遺跡群と、その歴史を展示するスホクラント博物館で有名となっています。

スポンサーサイト
TOPオランダ海外旅行は世界遺産のスホクラントとその周辺へ行こう!

スポンサードリンク

Copyright © 海外旅行は世界遺産へ行こう! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。