海外旅行は世界遺産のアムステルダムのディフェンス・ラインへ行こう!など、各国の世界遺産を紹介しています。海外旅行が初めての方も、海外旅行の達人も海外に行くなら世界遺産を旅してみませんか?海外旅行で世界遺産を訪れる際の参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

海外旅行は世界遺産のアムステルダムのディフェンス・ラインへ行こう!

アムステルダムのディフェンス・ライン
Defence Line of Amsterdam


海外旅行は世界遺産アムステルダムのディフェンス・ラインに行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産のアムステルダムのディフェンス・ラインをご紹介します。

登録区分 文化遺産
登録基準 2,4,5
登録年  1996年

Defence line of Amsterdam

世界遺産のアムステルダムのディフェンス・ラインは、オランダ王国の首都アムステルダムの市街中心部から半径15~20kmを取り囲む全長135kmに達する堤防で、45の要塞が配置されています。

世界遺産のアムステルダムのディフェンス・ラインは、戦時には防衛のために堤防の外側3~10kmが容易に冠水するような仕掛けが施され、しかも敵が船を利用できないよう水深は0.5~1m程度に設計されていました。

世界遺産のアムステルダムのディフェンス・ラインは、その建設のための法律が、1874年に成立してから、竣工までに実に20以上の年数を要しています。

世界遺産のアムステルダムのディフェンス・ラインの建設の開始が遅れた理由は、要塞の建材を石からコンクリートへと転換するに際し、コンクリート建設に対する十分な知識が当時のオランダにはなかったこと、また砂地である地盤を固める必要があったことが挙げられています。

世界遺産のアムステルダムのディフェンス・ラインが完成したのは1920年です。

結局、世界遺産のアムステルダムのディフェンス・ラインは、実戦で使用されることがないまま時代遅れのものとなりましたが、要塞の多くは現在、アムステルダム市議会が管理していて、観光が可能となっています。

【世界遺産のアムステルダムのディフェンス・ラインの見どころ】
世界遺産のアムステルダムのディフェンス・ラインは、史跡記念日(9月第2土曜日)は入場無料なので、この日を狙って観光するのもいいでしょう。

スポンサーサイト
TOPオランダ海外旅行は世界遺産のアムステルダムのディフェンス・ラインへ行こう!

スポンサードリンク

Copyright © 海外旅行は世界遺産へ行こう! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。