海外旅行は世界遺産のキュラソー島の港町ウィレムスタット市内の歴史地区へ行こう!など、各国の世界遺産を紹介しています。海外旅行が初めての方も、海外旅行の達人も海外に行くなら世界遺産を旅してみませんか?海外旅行で世界遺産を訪れる際の参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

海外旅行は世界遺産のキュラソー島の港町ウィレムスタット市内の歴史地区へ行こう!

キュラソー島の港町ウィレムスタット市内の歴史地区br> Historic Area of Willemstad, Inner City and Harbour, Curaçao

海外旅行は世界遺産キュラソー島の港町ウィレムスタット市内の歴史地区に行きましょう!
今回は、海外旅行世界遺産のキュラソー島の港町ウィレムスタット市内の歴史地区をご紹介します。

登録区分 文化遺産
登録基準 2,4,5
登録年  1997年

Historic Area of Willemstad, Inner City and Harbour, Curaçao UN

世界遺産のキュラソー島の港町ウィレムスタット市内の歴史地区は、カリブ海の小アンティル諸島のキュラソー島にある、オランダ王国領アンティルの都市です。

世界遺産のキュラソー島の港町ウィレムスタット市内の歴史地区は、当初、「オランダ領アンティルの港町ウィレムスタットの歴史地区」の名で1997年に登録されましたが、オランダ領アンティルの解体とキュラソー島の単独自治領化を踏まえ、2011年に現在の名称に変更されました。

キュラソー島は、1634年に当時スペイン領だったキュラソー島をオランダが奪い、植民地とされました。

オランダ海上帝国の植民都市として建設された世界遺産のキュラソー島の港町ウィレムスタット市内の歴史地区では、アムステルダム要塞などの要塞をはじめ、カラフルなパステルカラーに彩られた美しい町並みを見ることが出来ます。

世界遺産のキュラソー島の港町ウィレムスタット市内の歴史地区の対象は、歴史的な5つの地区、プンダ、オットロバンダ、ピーターマーイ、スカロー、コーテインとおよびプンダとオットロバンダを結ぶクィーン・エマ橋です。

【世界遺産のキュラソー島の港町ウィレムスタット市内の歴史地区の見どころ】

・プンダ
 ブンダ地区は、アムステルダム要塞の周辺に発達した地区で、要塞周辺の市壁に囲まれた
 格子状の街路を持って いて、オランダの植民都市の典型とされています。
 現在、ブンダ地区の建物は、美術館や市役所や学校などの公共施設として利用されています。

・オットロバンダ
 オットロバンダには、1888年にクィーン・エマ橋とリフ・ウォーター橋が建設により、
 進出してきたユダヤ商人の戸建の住宅が、主に北部で残されています。

・ピーターマーイ
 ピーターマーイは、19世紀後半にはユダヤ人居住地として急速に開発が進んだが地区です。

・スカロー
 スカロー地区は、かつて裕福なユダヤ商人の住宅地でした。
 現在もウィレムスタット市内における高級住宅地とされ、いくつかは政府機関や
 民間オフィスとして活用されています。

・コーテイン
 コーテイン地区は、クィーン・エマ橋などの開通によって開発された比較的新しい地域で、
   20世紀初頭の建造物群が良好な状態で保存されています。

スポンサーサイト
TOPオランダ海外旅行は世界遺産のキュラソー島の港町ウィレムスタット市内の歴史地区へ行こう!

スポンサードリンク

Copyright © 海外旅行は世界遺産へ行こう! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。